>>home
>>back
>>next
14:01 00/12/31【2000→2001】

旅に出ます。
疲れました。
捜さないで下さい。

よいお年を。

そして、(次の更新は1日昼ぐらいになると思うので)あけましておめでとう。
新世紀もifをよろしくね!!
 

10:44 00/12/30【ペン(先)OB忘年会】

★私って日本酒を飲むと記憶が飛ぶんですよねー、他のお酒だったら大丈夫なんですけど、と言いながら日本酒を飲んでいた記憶はある。でもどうやって家に帰ったかは覚えていない。……自分で分かっているんだったら日本酒飲むなっ
だってヘロヘロになりたい気分だったんですもの。キャンパる合宿の時も、つぶれるつもりだったのに周りがどんどんつぶれていったせいで変に正気になってしまったし、今度こそは!!と。(確信犯)
まあ、「ifは日本酒に弱い」という仮説を検証できたので良かったことにしよう。(良くない)

★もう一つ、密かにある仮説が検証された。でも秘密。
言葉は剣にも鎧にもなる。そこに剣があるのなら、私は鎧になろう。
 

23:09 00/12/28【悪いのは多分私の方です】

★本当は言いたかったこと;
「君って時々、一見して矛盾したこと言うじゃない。それって多分、言葉の裏とか読むことが出来たら矛盾してないんだろうけど、私は言葉通りに受け止めることしかできないから、君の意見をまじめに聞こうとすればするほど混乱して分かんなくなっちゃうのね。だから、ちゃんと論理的に話してくれない限り、君の言いたいことは私には伝わらないよ」

実際の会話;
私「あのさ……いや、やっぱいい」
A「何だよ、言いたいことあるんなら、言ってみろよ」
私「うーん、じゃ、言うけど、君って時々一見矛盾したこと言うことあるじゃない?それって多分、もし私が」
A「矛盾したことなんて言ってないよ。だいたいさ……」
私「あの、ちょっと待って。ねえ、最後まで言わせて」
A「あー、何?」
私「君って、表面的に矛盾したことを言うことがけっこうあるんだよ。だから私は……」
A「私は矛盾したことは言ってないんだよ。そう思うのは君が……」
私「だからー、聞いてよ、最後まで」
A「はい?」
私「……はあ。疲れた。やっぱもういいや。じゃ、またね」
 

12:51 00/12/28【描かれるべきもの】

バイトいっこ永久に終了。これで当分自由の身だっ♪

恋のパワーがないと文章が書けないんだけど、周りに恋させてくれそうなヒトが見つからないので当座はミュージシャンに恋したことにして〆切を乗りこえてみようかと思う。

君の思う理想ではなく、君という名の理想を描く。
 

12:22 00/12/27【憑かれてます】

自分に嘘をつくなんて出来るわけがない。
大切なのは、いかに上手に他人に嘘をつけるかだ。
 
15:29 00/12/26【にっき】

自分が自分に課して厳格に守っている規則を守っていない(っていうかそんな規則自体持ってない)他人を見るとものすごくイライラするのはやめなきゃと思う。
純粋にその大人げなさへの嫌悪感?
それともその自由さへの嫉妬?
いずれにせよ、自分に関わる他人までに強制できる規則ではないのに。

9月に山梨でワイナリーのスタンプラリーに参加したときの商品(辛口の白ワイン)が送られてきた。いつ飲もうかな♪
 

14:08 00/12/25【一緒にしないで】

この前、鏡月のボトル半分あけたと書いたけど、どうやら2/3あけていたらしいことが判明した。道理で酔っぱらったわけだ。

カラオケ用にと思って浜崎あゆみのSURREALを借りたら、歌詞がどことなくifの作風に似てて不快感。
 

1:05 00/12/25【クリスマありまきねん】

いろんな事情で馬券とやらを生まれて初めて購入した。(え?誰が学生だって?)
何を買ったかというと、「ギャンブル大嫌い堅実大好き」の私のすることと言えば、もうお分かりですね?
その通り。ズバリ単勝テイエムオペラオー 。
スマップにたとえて解説すれば単勝キムタクといったところです。
もちろんちゃんと堅実に700円儲かりました。
なのにどうして恋愛だけは堅実な道を行けないのでしょうか私。

夕方、GO氏から「自分を大切にしろよ」とメールが入ってきて苦笑。
そんなにヤケクソな行動をしそうに見えた?

ちょうど一年前の日記を見たら、「大切なのは今日は何の日かじゃなくて今日幸せだったかだ」と書いてあったので、あえて今日が何の日だったかには触れないでおきます。
 

23:28 00/12/23【横断歩道】

青信号が点滅しだしたら走るけど、赤に変わったらあきらめて歩き出す。
そんな私は授業にギリギリ間に合いそうな時は急ぐのに遅刻確実の時はのんびりと。
 
22:42 00/12/23【携帯復活】

わーいカラー液晶だ、着メロが和音だ、と、そんなことで喜べてしまう原始人がここに1人。
しかし当然メモリは戻ってこないので、みなさんどしどし電話番号をメールして下さい。
デジカメつきSH04も一瞬迷ったんだけどね。どうせそのうちデジカメ買うから。オールオアナッシングな私は、ハンパなものを手に入れるんだったら何もなくていい。もしくはハンパ3つぶんぐらい貯めて欲しいもの買いたいと思って、安い方のD03を選んだのでした。
 
11:57 00/12/23【カワリモノが】

ベークセールで会誌を買って下さった知らない方に「IFの作品が一番いい」と言われて大感激。
あんなもんを面白いと思う輩が少なくても作者以外に1人存在することを確認した。
もしあと10人見つけられたら、自分の作品は最低だという考えを少しだけ改めてみようかとも思う。
 
17:37 00/12/22【焼き売り】

女の子と2人で飲むときの酒量。
男の子と2人で飲むときの酒量。
そこにあるのは、無意識の防衛本能か、羞恥心を装ったプライドか。

昨日は、バイト先の忘年会のあと、sakuraちゃんの家に泊まりに行く。なぜって、明日こそは2限に出たいから、誰かと一緒に居れば起きられるだろうという作戦。
結果は、ちゃんと2限に行けました!!ありがとうsakuraちゃん。
でも3限と4限は、ベークセールの準備と片づけのため行きませんでした。
他人が働いてるのを知りつつ自分は成績第一で授業に行ってしまうぐらい神経の太い人間になりたいと思いました。
 

14:15 00/12/21【携帯なくしました】

これでめでたく私と外界を繋ぐものはインタネだけとなりました。
ううむ。なんかまるで本物のヒッキーみたいだ。
家電知りたい人はメールちょうだい。
 
0:23 00/12/21【すごいひと】

何か凄いことをやってやろうという意気込みと。
その意気込みを上手に隠せる謙虚さと。
 
1:41 00/12/19【罪と罰よりもギブスの方が好きな人は真の林檎ファンじゃないと思います】

部室でおおとり氏&つる氏と語らいながら、気がつくと一級品一休品のマズイ鏡月(本当にマズイ)半分以上を1人であけてた私。
抗うつ剤には絶対に頼らないよ、なんて偉そうに言いつつ、微妙にアルコールに頼ってる気がするのは気のせいに決まっています。
 
20:16 00/12/17【あの鐘を鳴らすのは……】

キャンパる合宿は、朝に東京を出て、夜に着いて、飲んで、朝発って、夜帰ってくるという、「伊豆まで飲みに行った」って感じの旅でした。
疲れ気味だったので行く前はけっこうめんどくさがっていたんですけど、やはり「自分が幹事じゃない旅」は純粋に楽しくていいものですね。(スーパー幹事まきもと君おつかれさま!)

場所は伊豆半島の先端にある貸別荘。高速を降りてからくねくねした山道を3時間ぐらい走ったところにあります。
自炊なので、みんなで鍋をつくって食べました。
部屋にカラオケもついてます。本日の宿泊者は我々だけだったので、夜中歌ってました。
最多飲酒賞・最多歌唱賞はともに私だった気がします。
まあ確かに、摂取アルコール量は私が一番だったと思うけど、みんなが悪酔いしてたのはワインとか日本酒とかチャンポンで飲んでいたからであって、ナポレオンのボトルをあけることだけに専念していた私が酔わなかったのはある意味自然でしょう。(違う?)

帰りに、恋人岬ということろで休憩しました。
ここには「愛の鐘」があって、恋人とこの鐘を鳴らすと永遠の愛が約束されるそうです。
当然、辺りはバカップルだらけで、キャンパる集団はかなり場違いな気がしたのですが、その場違いっぷりを楽しめてしまうところがやっぱりキャンパるなのかもしれません。
ネタとして何か愛グッズを買おうかとも思ったけど、ネタにしかならないのが淋しいので断念。
でもせっかく来たから愛の鐘ぐらいは鳴らしておこうということになり、悪のりモード開始です。
「(ゴーンゴーン)火事だ〜!火事だ〜!」
「(ゴーンゴーン)ニシンが来たぞ〜!さあ網を引け!」
……デート中だった皆様、ごめんなさい。

この恋人岬、「恋人証明書」なるものを発行しているのですが、
見本を見てみたら「恋人岬発・結婚行き」と書いてありビックリ。永遠の愛イコール結婚という図式に、懐かしさと言うよりむしろ新鮮さを感じてしまいました。
 

9:35 00/12/16【洒落になってない】

DIONの広告、微妙だ。
「インターネットなら、“あたし”と書けば男も女になれる」
……ネカマ推奨してどうするっ(^^;)
そういえば、他バージョンで
「インターネットの使いすぎはあなたの健康を損なう恐れがあります」
みたいな、洒落になってない広告もあったような(←損なってる)。
DIONは本気なのでしょうか。それとも冗談のつもりなんでしょうか。
 
1:22 00/12/16【フル稼働】

はて、おかしい。
最初に買ったCD−Rメディア20枚はどこに消えたのだろう。
言われてみれば確かにフル稼働ってたけど、一体何をそんなに焼いたのやら……。

よしおかさんが、CD−R買うと生活が変わるって言っての、本当でした。
どう変わったかというと、まず、インタネに費やす時間が短くなりました。
だって焼いている間はパソコン使えないんだもーん。
仕方なくその間は本読んで時間を潰すので、読書量が激増。
いいことなのかもしれません。

あしたから、キャンパるの合宿で伊豆に行って来ます。
 

22:16 00/12/14【アレルゲン】

私は重度のアトピーだ。
アレルゲンが身体に入ると、たちまち脳の中にまで湿疹が出来て、気持ち悪くなってくる。
自分なりに食事制限をしているつもりではあるけど、何しろ根が食いしん坊なので、目の前にあるものはつい食べてしまい、あとで痛い目を見る。

最大のアレルゲンは、「若さ」とか「アマチュア(用語集参照)臭さ」とかいうものだと思う。
たとえば、必然性なく難しい言葉を使っていたりすると、「どーだ凄いだろ」という作者の顔が浮かんできて、たちまちアレルギーを起こす。
たとえば、精神分裂症の人が出てきてリスカ始めちゃったりすると、「きゃっ、かっこいいー」という作者の顔が浮かんできて、吐き気がしてくる。
もちろん、自分が生み出したものでも立派なアレルゲンになるから、稿を重ねていくたびに「なんかこの表現カッコつけてて嫌」とばかりに削除削除削除して、最終稿では骨組みしか残っていない、ということになる。

こんなにも重症患者になってしまったのは、私が「若き日の自分」をあまりにも憎んでいるから。
精神病の女の子が自殺するお話とか、似非哲学心理学ぶった実験小説とか書いて、「あたしってば才能あるかも」と思っていた中学生の自分の面影を全世界から抹消したいから。
若き日の自分にちょっとでも似ているものは許せないのかもしれない。
でも、同病の人、きっと居るよね。
もし同病の人を見かけたら、ifのお話を推薦してやってください。
ifのお話は、普通の人が読んだら何が面白いんだか分からないかもしれませんが、すくなくとも同病の人にとってはアレルゲンのない安全な食料のはずだから。
 

13:16 00/12/14【紙一重】

天使も悪魔も好きだけど、人間はイマイチなんだなあと思う。
私の音楽の趣味は、見ての通り恐ろしく2極化している。
それとも天使と悪魔は紙一重なのかな。
 
16:11 00/12/13【ストイック】

(笑)とか(爆)とかm(_ _)mとか(-_-;)とか
そういうのあんまり好きでないんで、本当は書きたくないんだけど、
やはり書かないと、誤解が生じることがある。
「将来の夢は小説家(爆)」と書くべきところを、「将来の夢は小説家」としか書かなかったばかりに、甘いこと言ってんじゃねえ、と怒られてしまったり。(でも、このくらい、一目で冗談だって分からないもんかねえ?だって大学生にもなって、本気で自分は小説家になれると思ってる人なんて、そういるのかなあ。せいぜい中学生までじゃない? 自分って才能があるかも、と思っていられるのって。)
今度から、将来の夢を聞かれたら、「モーニング娘。に入ること」とでも答えておこうかな。(それでも本気にされたりして……)

そういえば、普通に会話してるときも、イントネーションが小さいので、
疑問文を平叙文にとられてしまうことが時々ある。
「高校生なの?」と訊いたつもりだったのに、
「え?!ifって高校生なの?!」と逆に驚かれてしまったり。

要するに私は怖いのだ。
相手の人間は有用な情報だけを求めていて、ifが何を感じているかなんて興味ないに違いないという前提で話している。
なぜそう言う前提で話してしまうかというと、
私が、そう言う前提で話している人が大好きだから、なんだけど。

もうちょっと、自分が「天然天の邪鬼」であることを自覚して行動しよう。
 

15:44 00/12/13【カラダ最高】

3限、「からだ再考」受けてみる。
いつか出てくるだろうと思っていた鷲田清一の文章がいきなり配られて苦笑い。ベタだなあ。
私は彼の思想はあまり好きじゃないので、レポートとか楽しんで批判させていただこう(趣味悪ぃ〜)。

身体が脳の所有物だと思うから簡単に傷つけられるのではない。
もし所有物であるなら、「傷つけたくない」と思うはずじゃない?
むしろ、身体が「自分のものではない」と感じられるから、簡単に傷つけてしまうのだ。

身体と意識を結びつけるのは、身体感覚。
暑さ、寒さ、痛み、疲れ……
そうした身体感覚を文明が奪ってしまったから、人は自分自身の身体を失ってしまったのではないだろうか。

「分かり切ったことを偉そうに言いやがって」と思うかもしれないけど、
分からない人には分からないらしいから、一応、ね。
 

23:06 00/12/12【笑う月】

「大切なのは笑う月の身元や正体などではなく、笑う月そのものなのだ」(by安部公房)

この前、まやいっせいという人の手品ショーを観に行く機会があった。
そして思ったのは、手品ってタネが分からないから面白いんだよなー、と。
そう、大切なのは不思議現象のタネではなく、不思議現象そのもの。
もちろん私は小説の話をしているのです。
 

21:29 00/12/11【リクルートの季節】

★頼んでもない就職情報誌が勝手に送りつけられて来るのって、どうにかならないものだろうか。資源の無駄遣いもいいとこ。
郵便受けすぐいっぱいになっちゃうし、不在通知が入っていて隣の駅の郵便局まで取りに行かされたし。(最近は郵便配達の人も賢くなって玄関前に放置していくようになった。3日ぐらい取らなかったら雨だか露だかでびしょ濡れになっていた。)

でも一番ムカつくのは、「カンケイないもんね〜」と言いながらこっそりページをめくってしまう自分自身だったりして。

★CD−Rは調子いいです。
ドライブが一個増えただけって感じの自然な使い心地。
いや実際、ドライブが一個増えただけに相違ないのですが。
携帯電話用モデムも、USBの買えば上手くいったりするのかなあ?詳しい皆様、どう思いますか?
 

1:10 00/12/11【なんとなく買ってしまったピストルズ特製ビールの処置に困りつつ】

NO FUTURE@渋谷シネセゾン観てきました。
そうです、SEX PISTOLSのあれです。めんどくさいので弁解も解説もしません。
この作品がシネパレスのレイトショーじゃないところで上映されてるって意外。しかも客ちゃんと入ってたのも意外。
シネパレスは最近道を間違ってるからなあ。ジョン・レノン映画なんてカップル割引とか戯けたことやっちゃってるし(←ただの嫉妬)。

映画としての出来は、「残ってる映像を適当につなぎ合わせました」って感じのシネパレスものよりも、やや完成度が高く、おすすめです。
誰か行く予定の人いたら、1000円になる券あげます。

CD−Rのセットアップは何事もなく終わりました。
私のことだから、絶対何かトラブると思ったのに、あまりにあっけなく焼けてしまいました。
USBは偉大だ。
 

23:46 00/12/09【生きてます】

拒食症という言葉は、「食べないこと」ではなく「食べてはいけないという強迫観念」を指すのだと思うのです。
それと同じように、引きこもりという言葉は、「学校に行かないこと」ではなく「学校に行きたくないという強迫観念」を指しているに違いないのです。

だから私のは単なる「なまけ」であって、引きこもりではないです。多分。
 

23:29 00/12/07【でもやっぱり彼氏は欲しい。(←駄目じゃん)】

レジ日だった。成績もらった。
自分予想は本気でCCDDEだったが、もらってみるとABBCD。
(注:A=特優、B=優、C=良、D=可、E=不可)
レポート重視の講義に助けられたんだね。平均出席日数週2日(事実)にしては上出来か。
さぼってはいたけど、さぼっている間中、「うわっ、やばっ、ひぃぃぃっ」と危機感を持ちつづけていたのも良かったのかな。精神安定剤的人間の不在というのは、精神衛生には悪影響を与えまくっても、成績にはそう影響ないらしい。

新しい精神安定剤的人間よりも、不在に耐えられる強さが欲しい今日この頃。
耐えるということは、決して目をそらすことでも不在に慣れて痛みに麻痺することではない。
むしろ痛みをしっかりと受けとめて、それでも生きていける強さを持つこと。
それは高校3年生の私が得た結論とも繋がっている。抗うつ剤で心の平安を得るよりは薬を飲まずに苦痛にのたうちまわったほうが人間として本来的であると。
……久々に本音全開モードだなあ、私。

そういえば、不在の克服について何か似たようなことを昔書いた気がするなあと思ったら、やっぱり書いていたので小説のページ更新しました。
 

12:52 00/12/07【昨日の分を補完】

あきらさんと秋葉原巡り。CD−Rを選ぶのを手伝ってもらった。
ifはノートパソコンなので、遅いの覚悟でUSB対応のじゃないと駄目なんだけど、どこに行っても内蔵型しかなくって一苦労。しまいには「CD−R専用に7千円位のジャンクなデスクトップ1台買ったら?」まで言われる始末で(^^;)
ちょっと怖そうなお店を何軒も見たあと、結局ソフマップが一番安くて種類があったので、負けてる気もしながらそこで購入しました。

あきらさんが話していてホッとする友人の1人なのはなんでかなーと考えてみた。(注:彼は決して決して決してなごみ系ではない)
多分私は、一緒にいる人が別の人(店員とか)と理解できないマニアックな会話をしているとか、電話がかかってきた相手と理解できないマニアックな会話をしているとか、ふとノートを覗いてみたらわけのわからない数字が並んでいるとか、そういうシチュエーションに弱いのだ。
自分では解決できない困難に陥ったとき、この人がいればなんとかなるかもしれないという安心感なのかな。
逆に、私が理解できる話、前も聞いたから知っている話ばかり聞かされていると、あからさまにどんどん不機嫌になっていくのが分かる。
というわけで、私の前では気を遣って無難な話ばかりするのではなくて、いっそマニアックに突っ走ってくれたほうが安心できるみたいです。
 

10:06 00/12/06【センター試験】

好みの異性か否かを判断するときの「ルックス」という要素は、いわば東大後期におけるセンターの点数みたいなもので、足切りはするけど配点はゼロなんだと思う。
 
11:57 00/12/05【キャンパるの日】

私が何があっても決して絶望しないのは、自分の力を信じているからじゃなくて、最初から希望など持っていないからだと思った。
時々他の人に見えない論理が私に見えるのは、別に特別目がいいからじゃなくて、いつでも利害の絡まない遠いところから見ているからだと思った。

今更だけど、大人の人と話すとなんでこんなに楽なんだろう。
 

0:03 00/12/05【回復期?】

今日は竹橋のバイトしか予定が入っていなかったので、5時間だけ働いて、あとは久しぶりにのんびりと過ごしました。
休んだらカラオケ行きたくなってきた。電波少年でI'm proudを「コムロさんの曲」としてではなく「自分の持ち歌」として歌っている朋ちゃんが無茶苦茶かっこよかったからかもしれない。
 
12:47 00/12/04【アンドロイド】

あと1ヶ月しか生きられないアンドロイドと友達になって、海を見たいという彼女と一緒に研究所を抜け出す夢を見た。
惜しくも電車に乗ったところで私は目が覚めてしまったけど、彼女は無事、海に着くことが出来たかな。

自己正当化を最優先している人が、時々矛盾したことを言うのは理解できるのだ。
一見矛盾に見えるけど、よく見ると、世間が「赤が正しい」と言えば自分は赤だと言い、世間が「青が正しい」と言えば自分は青だと言っているだけだから、いつも「自分は正しい」と言っている点では至極一貫性がある。
こういう人は、ある意味扱いやすい。可愛くていいじゃんと思う。
しかし、ね。今回はそういうわけじゃなくて。
嫌いであるという感情から全ての論理を構築してしまうような頭の悪い人間がICUにいるだなんて、信じたくないなあ。私のような頭があまり良くない人間でさえ出来ることが、普通のICU生に出来ないわけないと思うんだけど。
はーあ。
 

22:38 00/12/02【誰を信じればいいのでしょうか】

以前、私の髪が黒いのを「ダサい」と言っていた知人が、
今度は私の髪が茶色いのを「似合わない」と言った。
要するにやっぱりこの人は私の存在自体が気に入らないのだと思った。
本当は、他人の意見はなるべく信じて、積極的に取り入れたいと思っているのに、
こういう類の人がいると、誰の意見を信じていいのかわからなくなる。
もちろん、「黒髪でも茶髪でもほめる人」も同様です。
私が人間不信にならないためにも、なるべく矛盾のない発言を心がけていただけるとありがたいです。マジで

そこの貴方かもしれませんよ?
 

22:19 00/12/02【追いつ追われつ】

私はどうやら尽くされるより追いかけるほうが好きらしい。
これは恋愛の話じゃなくて、いや恋愛もそうなのかもしれないけど(笑)、読書の話。
無愛想で不親切な男の子文章をしつこくしつこく追っていって、その本心を暴いていく過程が楽しくて仕方ない。
もしも分析の結果、100%分かってしまったら、その瞬間私は対象への興味を失うだろう。
だから私の愛読書には必ず、作者の意図か否かは別として、「絶対解けない謎」が含まれている。
ちなみに「作者の意図じゃない」方はどんな謎かというと、きっとそれは「心というブラックボックス」に関わる何かだと思う。そして、そっちの方が間違いなく意図的に作った謎よりも本質的なのだろう。
 
22:18 00/12/02【ペン(先)合宿】

ペン(先)合宿@八王子青年の家に行って来ました。
疲れました。
報告以上。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

で終わらせるのはあんまりな気もするので適当に書いておきます。
でも、本当に、特に書くようなおもしろいこともなかったんだよなあ。
今回、テーマ書きのテーマは共通テーマと個人テーマがあって、
共通テーマは「境」(ばうんだりぃでも武蔵境でも可)
個人テーマで引いたくじはMATさん出題の「サーカスの来る日。」でした。
作品は、会誌次号が発売になったらここにも掲載します。

あ、そうだ。ひとつ学んだことがありました。
みんなにがんばってもらうためには幹事はがんばりすぎてはいけない、ということ。
夏の合宿の時は、私、バリバリにヤル気があって頑張ってたんだけど、みんな手伝ってくれなくて、なんで私ばっかり働いてるんだろう、とか思っていたのね。
今回、私のヤル気が低下していて「かったるいオーラ」を発していたら、 皆さんどんどん積極的に手伝ってくれて、非常にラクしてしまいした。
やはり、処世術として適度な「見て見て悲劇」は必要なんだなあと実感。
(でも目に余るようでしたら警告お願いします。)
 

22:29 00/11/28【もう一つ↓】

「私なんて生きてる価値ないし」的発言も近所迷惑以外の何ものでもないと思っているので言わないようにように気をつけているのだけど。
やはり、ある程度定期的に「私なんてどうせ……」と言っておかないと、傲慢な人間だと思われることが判明。
人間関係って難しいよお。
なんだか最近、「言うこと為すこと全部に文句をつけられる」みたいな被害妄想にとらわれている。
疲れているからかな。いっぱい寝れば治るかな。
明日から合宿でもっと疲れる予定なんだけどね。
きゅー。
 
11:20 00/11/28【見て見て悲劇】

「見て見て我が悲劇」的な言動って大っ嫌いだし、
「私って頭いいのよ」的な言動も大っ嫌いだから、努めてそれをやらないようにしている。
でも世の中お人好しの人が案外多くて、「見て見て悲劇」の人はちゃんと哀れんでもらえてるみたいだし、「私って頭がいいのよ」の人もそれなりに頭いいと思ってもらえてるみたい。
そういうシーンを目撃すると、自分の性格って、すごく損してるのかな?と思う。

とか考えたのは、↓の「彼」がまさに「見て悲劇」+「自称天才」な人だからなんだけど。

だから試しに、今日はちょこっと自己主張してみよう。
忙しいぞ〜っ!!忙しいんだぞ〜〜〜っ!!!
 

10:36 00/11/28【来日っ】

ルネサンス(用語集参照)来日万歳!!
チケットいつ発売するんだろう。逃さないようにせねば。

朝っぱらから消化不良な電話があった。
要するにあなたは、私よりも彼が好きなのね。
だから私が何を選択しても、それが「彼の選択と異なっている」という理由で私を非難するわけだ。
で、私にどうなって欲しいの?彼のフォロアーになればいいの?
もしそれがあなたの望みなら、あなたの批判は今後一切無視します。
相手に聞き入れてもらえる批判がしたいなら、あなたの大好きな彼を基準とするのではなく、もっと高次にあるものを基準にしましょうね。

[home] 
[99年11月] [99年12月] [00年1月] [00年2月] [00年3月] [00年4月] [00年5月] [00年6月] [00年7月] [00年8月] [00年9月] [00年10月] [00年11月]