◆◆Today’s Thinking◆◆

[home] [back] [next]

21:45 00/06/30【アフターケア】
1年前に壊れたアニエスの鞄を修理に出す。3週間くらいかかるってことは、フランスの工場まで運んで直してくれるんだね。それで500円とは。このアフターケアの良さは流石アニエス。
3ヶ月前に切れたままだった台所の電球も取り替えた。……そういえば、昨日直した眼鏡も、その2日前に直した靴も、壊れたのは半年前。私、この1年間そんなに忙しかったのだろうか?忙し……かったなあ、うん。

12:43 00/06/30【一言】
世の中、悪い人もいるんだなーと、今更ながら実感してみたり。

23:40 00/06/29【日記】
ペン(先)の書類を提出し、眼鏡を修理に出し、某数学者とハイチのコーヒーを飲んだ。ハイチのコーヒーはブルーマウンテンをやや苦くしたみたいで結構美味しかった。

メール出して、スカイメールして、スカイメールして、スカイメールして、スカイメールして、メール出して、スカイメールして、メール出して、スカイメールして。
明らかに、電話しちゃった方が速いのに。
楽しい時間は、なるべく長い方がいいんだ。

22:49 00/06/28【日記】
3ヶ月ぶりに美容院に行った。
家に帰ってからは、ペン(先)の誓約書と活動計画書と部員名簿を捏造(笑)する。そして、キャンパるの記事を書く。
……頭脳労働者だなー私。

無駄話と議論、どっちも好き。
でも、無駄話だか議論だか分からない発言は一番対応に困る。どっちだかはっきりしてくれー!!ってパニクる。

自然科学系の学問は、日常言語文法から学問語文法に切り替えずには何一つ語れない。
哲学は、意図的に細心の注意を払って切り替えることによって、その学問性が成り立っている。
社会科学は、現実の俗世間との関係を失うべきではない学問だから、時によっては日常言語文法とも学問語文法ともどちらとも言えない「曖昧モード」を必要とすることがある。

そうか、だから私は社会学系の人と議論するのが苦手なのか。
sakuraちゃんぐらい切り替えて話してくれる人はあんまりいないもんね。(それでさえ時々パニクるが。)

11:54 00/06/28【うーん】
どうやら、一部で「ifの彼氏はキャンパる関係者」説があるみたいなんだけど、残念ながら違いますよ。
なぜその人??あ、○で△な人だと言ったからか。でもさ、○で△な人って、キャンパるで該当するのは一人だけかもしれないけど、世の中には山のように存在するぞ。私がキャンパるだけの狭い世界に住んでるなんて思うなよ。(ICUって時点で既にものすごく閉鎖的でものすごく狭い世界なんじゃないか、という質問は却下^^;)
それから……いや、これ以上言うとネタが割れそうだからここまで。

23:58 00/06/27【僕ハモウ疲レマシタ】
図書館に行って延滞していた本を返して、別の本を借りて、ハタヤで本を買って(これを読み終われば安部公房制覇です!!)、ミスターミニットで靴をなおして、病院に行ってじんましんの薬をもらって、キャンパるに行く。そんないちにち。
キャンパるの人たちと高田馬場で食べた「ねぎし」の牛タン定食はけっこうおいしかった。

22:30 00/06/26【日記】
「私のことなんて誰も分かってくれない」
なんて自己陶酔的な台詞、絶対に言うもんか、絶対に。

誰もが要求する権利と、要求を断る権利の両方を持っていることを知っていたら、人間関係はどんなに楽だろう。

バイト先の人が、明治大学の前にある「大阪焼き」って屋台がおいしいと言っていたので、帰りに寄ってみる。
威勢のいいおっちゃんが焼いている、たこやきとお好み焼きの中間みたいな「大阪焼き」を2個買った。1個は明治大学のベンチに座ってあつあつのところを食べた。
中から半熟卵の黄身がとろとろ出てきて、濃厚なソースと混ざり合った味が、何とも言えず美味しかった。

テストが終わったせいか、久しぶりにビールが飲みたくなった。
でも、じんましんの薬と化学反応を起こしそうなので、アルコール類は当分お預けです。

0:24 00/06/26【選挙速報】
変な時間に起きてしまったので、とりあえず見てみる。
住民票のある茨城1区は、予想通りよくわからない自民党のおっさんの圧勝。
そして私が今住む東京18区では、菅直人氏が圧勝。
はう。どうせ白票入れるなら、菅氏のほうに荷担したかったかも。

おお。彼の地区なんかイバラッキー的無風選挙の典型ですね。しかもジュニアさん圧勝してるし。

18:11 00/06/25【日記】
テストは終わったのに、じんましんは消える気配がない。
仕方なく、激眠薬を飲んで持ちこたえている。
おとといの夜最後のレポートを提出し、昨日はバイト。今日は朝起きるとなぜか2時で、あわてて府中の青年の家に申し込みに行って来た。
是政駅から20分、多摩川沿いの遊歩道を歩いて、感じのいい場所にあった。
本当なら、近くの喫茶店とか散策するところだけど、ひたすら疲れているので直で帰る。そして寝る。おやすみなさい。

22:21 00/06/24【自戒を込めて】
たとえば対象が「人間」だとしたら、「日本人の特徴は…」「女性の考え方は…」と言う時いつも、もっと適切な分け方ないのかなーと思う。
しかし、極限まで厳格に分けようとしたら、「一人一人みんな違う」になってしまうし、反対にできるだけ広く柔軟に分けようとしたら「人間である限りみんな一緒」になってしまう。
「そんなのどうでもいいじゃん、一人一人みんな違うんだから」とか「そんなのどうでもいいじゃん、人間みんな一緒だよ」とか、言ってしまったらそこで議論が終わってしまうわけで、自分が勝手に納得したいだけならそれでもいいけど、学問を志すものとしては失格なんだ。
学問はあくまでも差異と共通点と両方を分析し、「個人」と「人間全体」の間に可能な分類を探して四苦八苦しているのだと思う。
何が違うかが分からなければ何が同じだかも分かるわけないし、逆もまた然り。

「知らない」「興味ない」ことを自慢する人にはなりたくない。
「みんな一緒」「みんな違う」みたいな議論放棄の発言もしたくない。
最近なのか、昔からなのか、知識欲のない人が多いと思う。

ええ、自戒です。
もちろん、私の場合は、「優先順位のもっと高いものがあるから学ぶ暇がない」(社会学や自然科学)とか、「興味がないわけではないが周りのレベルに比べて自分のレベルが低すぎて口を挟めない」(漫画とかゲームとか)というのを略して「興味ない」と言っちゃうんだけど、それって言われる方は滅茶苦茶むかつくんだなーって、ここんとこ実感してるから。

0:47 00/06/24【なつやすみ】
夏休みになった。抱負。
・ちゃんと親善大使する。
・ハイデガー「技術論」を読破する。
・できれば「存在と時間」も読破する。
・今書いている中編小説を書き終わる。
・ドイツ語の問題集をやり終わる。

17:19 00/06/22【つづき】
そうか。日常知と科学知、カントの「世間的概念としての哲学」「学派概念としての哲学」に代入するか、少なくても比較するかしたら、いろいろ解釈出来るのかしら。すると、ひょっとしてそのあとヘーゲル的に止揚しちゃったりしつつハイデガーに帰着したり……。
あかん、これ以上考えるのは明日が〆切のレポートを書き終わってからにしないと(笑)。
ううむ。だんだん「Today’s Thinking」っぽくなってきましたね。
それにしても、私の思考に住んでる哲学者って、ドイツ人ばっかり。

7:09 00/06/22【甘かった……】
「従来、日常の人間関係における知は、科学の知より劣ったものとされていたが、エスノメソドロジーではこの日常知に、科学知とは全く異なっていて優劣を比べられないものだという地位を与えた」
という記述を見つけて愕然とする。
マジで? 本当の本当に、今までみんなそう思ってたの?
日常知は科学知に劣るってのが常識だったの????????
人間の持てる技術として、当たり前のように「一方で科学技術、他方で社会的技術があるよねー」と並列していた私としては、そんな基本的なことをわかってない人がいっぱいの世界に生きてたんだと思うと、なんだか寒気をおぼえました。(まあ、確かに大学生にもなって未だに世界の全てが物理法則に帰着すると思ってる幸福な人、たまにいるけどね。)

でも、確かに日常知を単に科学知からはみだしたものと考えていたら、それを「科学的でない」という理由で批判する人はいても、「人間存在を非本来的に陥れる危険のあるもの」として批判する人がいないのも当然だ。むしろ、“科学知ですさんだ心を日常知で取り戻そう”なんてトンチンカンな意見が出てきてもおかしくない。

日常知と科学知が(やーーーっと)対等になったということは、科学知に対して批判するように、日常知を批判しても良くなったということですね。ありがとうガーフィンケル。

哲学は知の変革であるという敦せんせの言葉を思い出してみたり。
哲学の隠しページ、夏休みにでもまた復活させようかな。

22:40 00/06/20【出るなアセチルコリン。】
もらった薬を飲むと眠くなってしまうことが判明。使えねー。
そういえばサリンって、アセチルコリンを分解する酵素を阻害するから、神経系がアセチルコリンだらけになっちゃって障害が起きるんだよね。
サリン中毒ってじんましんが出たりするのかな?

16:47 00/06/20【結果】
どうやら、熱と発疹はそれぞれ別の理由だったらしい。
熱はただの風邪、そして発疹は「ストレスでアセチルコリンが出過ぎているのが原因のじんましん」らしい。
熱が出て発疹も出てたから、ぜったい感染る病気だと思ってたよー。
ストレスが原因なら、テストが終われば直るでしょ。
熱はもう無視。たかが風邪なんか気にしてるだけ損だわ。

14:06 00/06/20【一緒?】
「犯罪を犯した少年も犯さない少年も一緒」
「日本でもアメリカでも大都市はみんな一緒」
「大人でも子供でも人間なんだから一緒」

一見キレイなこと言ってるように見えるけど。
……単なる思考放棄な気がするのは私だけなのかなー。

病院行ってきます。

22:09 00/06/19【だんだんつらくなってきた】
5日前ぐらいから、なーんか体調悪いなーと思いつつ、熱を計って本当に熱があっても病院に行く暇なんてないので、ごまかしごまかしやっていた。
しかし、今朝ぐらいからなんだか本格的に熱っぽくて、いくら何でもごまかしが効かなくなってきた気がする。その上無理してバイトに行ったのが祟って、かなり思考能力が落ちている。
このままテストを乗り切るつもりだったけど、仕方ない、明日はテストもないし(キャンパるあるけど。しかも私は行かなきゃいけない日だけど。)、病院行ってみるか。なんだか負けてる気分だなー。
負けるもんかーっ!!
とにもかくにもレポート2本とテスト3つ。それが終わったら青年の家にお金払いに行かなきゃいけないし、バイトもキャンパルもある。ええ。私は戦いますよ。

2:04 00/06/19【悪訳なのか、もとが悪文なのか】
信仰が露呈するこの有るもの全体、而も信仰それ自身が、信仰心に於いて露呈されるこの有るものの出来事の聯関の内へ所属するという仕方で、信仰が露呈するこの有るもの全体が、神学が目前に見いだす実証性を成している。
(ハイデガー「現象学と神学」より)

1:42 00/06/19【自分が虚しくなってくる】
<ケース1>
テストで確認したいことがあって、友人Aに電話する。
私「なんだかうしろが騒がしいね。どこにいるの?」
A「いやさ、今、イベントに来ててさー。」
私「え?テスト勉強は?」
A「いやさー、1万円も使っちゃったよー。」
私「はあ。で、テスト勉強は?」
A「まあねー、1万円出すだけの価値あるものばっかりだったからさー。仕方ないんだけど。」
私「で、テスト勉強は?」
<ケース2>
レポートを書きにファミレスに行ったら、友人Bが来ていて、やっぱりレポートを書いている様子。
えらいっ!!それでこそICU生!!
ところが、しばらくして、Bの携帯が鳴る。
B「もしもし。……え?どうしよう、明日テストなんだよね。……ううん……いや、やっぱり行く。うん。今すぐ行く。」
おもむろにノート類を鞄に詰めるB。
B「じゃ、私は遊びに行ってくるから。またねー。」
<考察>
どうしてみんな、そう余裕なの?!
ねえ、どうして?

13:00 00/06/18【レポート】
宗教を持ってない人間が、宗教を語らなければいけない難しさ。

22:59 00/06/17【控えめに大騒ぎ】
まあ、何て言うの?ほら。
この程度のことで大騒ぎするのって、大人げないじゃない。
でも、ほら、やっぱり大騒ぎしたくなるのが人情ってもんで。
そういうわけで、やや控えめに大騒ぎ。
10月にKing Crimson来日っ!!!!!!!!!!!!!!!

4:55 00/06/17【エスノメソドロジー】
テスト前なのに、sakuraちゃんにすすめれたエスノメソドロジーについて、ちょこっと調べてみる。ちょこっとと言いつつ、難解だからやめといたほうがいいと忠告された「行為と演技」(ゴッフマン著)を読み始めてしまったあたり、もはやテストは諦めているような?
なるほど。確かに、ifのマニュアル=社会的技術論と共通点ありますね。「共犯者の甘い罪意識」は、ハイデガーの「良心」とか「覚悟性」とかに通じるかも。
ただし「役柄」が「真正な自己」だとという記述にはまったくもって共感できません。「裏−局城」のほうがむしろ本来的じゃない?私から見ると楽な方の生き方が真正ってのはすごく奇異に感じるんだけど、これはきっと真正という言葉の定義がズレているからだ。

ゴッフマンのパフォーマンス、このあと「歪んだ人間関係を作り出す可能性」とか「社会全体への影響」みたいな話題に繋がっていくのはいかにも社会学(=苦手^^;)ですな。私のように、パフォーマンスが存在することの形而上学的意味、とかパフォーマンスの存在が現存在の定義に与える影響、とか考えてしまう人は哲学専攻にして正解なのでしょう。

19:53 00/06/16【合格】
この前、水戸市の親善大使の試験を受けたんだけど、(水戸市在住じゃないくせに。)
今日、なんと合格通知が届いていた。(水戸市在住じゃないくせに。)
そういうわけでifは、7月終わりから8月始めにかけての17日間、水戸市の税金でアメリカはロサンゼルス郊外、アナハイムまで親善大使しに行って来ます。(水戸市在住じゃないくせに。)

22:29 00/06/15【誰のパワー?】
「ifが最近キレイになったのは男のパワーか?」
とかいう内容が、セクションのメーリングリストで流れていた。
キレイになったのかどうかは知らんけど(単に髪が伸びた説が有力)
仮に私がキレイになることがあるとしたら、それは男のパワーじゃなくて、私のパワーだ。
とか反論したくなってしまう、相変わらずひねくれ者な私。
可愛げってどこに落ちていますか。

22:09 00/06/15【ほんの一瞬だけ、ホンネ】
ってゆうか、当たり前のことなんだけど、誰も傷つけない言動なんて不可能なわけで。
もし本気で誰も傷つけないようにしようと思ったら、何もしない、何も言わないのが一番なわけで。
何もしない、何も言わないためには、その場から逃げるぐらいしか方法がないわけで。
つまりは、ほとぼりが冷めるまでは極力逃げてよーかなーなんて無責任にも思ったりして。

16:29 00/06/15【ひねくれもの】
まっすぐな人にウケるようにと思って書いたお話が、予想以上に好評みたい。
世の中、まっすぐな人ってけっこう多いんだなー。
私もまっすぐになりたかったのに、どうしてこうなっちゃんだんだろう。

16:26 00/06/15【……】
いちばん背の高い家具がいちばん好きな人からもらった本棚だという安心感。

18:34 00/06/14【日記】
・朝早く大学に行って、「実存主義の開祖は一般的にはキルケゴールとかニーチェとか言われてるけど、本当はシェリングなんだぜ!」という眉唾なレポート(2000words)をプリントアウト。
・2限に出る。
・3限でさっきのレポート提出。
・毎日新聞に記事のイラストを提出しに行く。

ちなみに、不覚にもイラストを頼んでいた人が風邪で休んでいるので、急遽、代わりに描いてくれる人を求めてICU中をさまようことになった。
すると、グリークラブの部室にゆーたさん(らぶ)を発見!!
この時間にこの場所にいるなんて、なんてグレイトな人なのっ!!
そういうわけで、いきなり絵を描いていただいてしまいました。

・4限までに帰るつもりだったけど間に合わなくて、sakuraちゃんに出席を提出してもらう(感謝!)。
・5、6限に出る。
・お家に帰って、「翻訳理論と哲学の認識論の歴史を照らし合わせるとヤコブソンの方がベンヤミンより進んでるんだぜ!」という更に眉唾を上塗りしたレポートを書き始める。

22:03 00/06/13【ネット謹慎生活0日目】
友人が夏から同棲するらしい。
なんつうか、私には絶対真似できないな。
もともと親にさえすっぴんを見せない性格の私だから、自分のプライベート空間に他人が入り込んできたらパニックだろう。
もちろん別に人間嫌いではないから、外出先で人と会うのは大歓迎なんだけど。家に帰ったらそこは私だけの城であって欲しい。
だって好きな時間に起きて好きな時間に寝たいし、好きな時間にお風呂に入りたいし、好きな時間に好きな料理を食べたいし、疲れたときはノーメイク&ボサボサ頭でほげ〜っとしてたいし、そんな姿を人に見られたくないし……
ん?これって単にジコチューでワガママなだけか?

22:29 00/06/12【演劇といえば】
私にとってカラオケとは、“音楽”と言うよりむしろ“演劇”なんだなーと思う。
そりゃもちろん、私の「よく聴く曲」と「よく歌う曲」が全く一致してないのは、好きな曲はどうせカラオケなんかに入ってはいないし、万が一入っていても、みんなが知らない曲歌っても白けるだけだし、そんなら仕方ない、ヒット曲のなかでキーの合うやつでも歌ってお茶を濁しておこうかという、切実な理由もあるんだけど。
問題は、好きでもない曲を歌っているはずなのに、実際かなり楽しんでいるということ。
それは多分、曲そのものを楽しんでいるのではなく、曲世界とそれを演じる自分、そして演じる自分とそれを観てる人たちの間の対流を楽しんでいるのだと思う。
曲世界が私の身体を通って聴き手にぶつかり、跳ね返ってきた衝撃波がまた私の身体を通って曲世界に帰っていく。
このような、まさに演劇的なプロセスによって生まれる演劇的な身体感覚が、カラオケの快感の正体……な気がする。
あくまでも私の場合だけどね。

21:39 00/06/11【メールヒェン】
たらいま〜〜。
メイン用事を済ませた後、芸術館でACM劇団の「逃れは刹那、密やかの君(メールヒェン)」を観た。こんだけクオリティ高くて学生券1000円は狂ってる。さすが水戸市の予算の1%をつぎ込んでいるだけありますな。
ヘタに演劇観ると演劇やりたくなっちゃうのでなるべく観ないようにしてるんだけど、長谷川裕久の演出は見事にちゃんとカタルシスを呼び起こしてくれる。何故なんだろう。
考えられるのは、
1.脚本の分かり易さがちょうど良い。これ以上分かり易かったら凡庸だし、これより分かりにくかったら奇を衒ってるだけ。(でも、慣れない人が観たら十分、分かりにくいかも^^;)
2.スズキ・メソッドを受け継いでいるので、役者は「役」ではなく役を観客に伝える「触媒」であることに自覚的である。
ってところかな。
あと、2と関係あるけど、長谷川演出がすごいのは、劇中のどのシーンを切り取っても必ず舞台上が「絵になっている」ところだと思う。もう本当に、ハンパじゃなく絵になっているので、視覚だけでもある種の快感を得られる。

ちなみに、その長谷川裕久の脚本を買ってきたので、読んでみたい人がいたら、声かけてね。

14:34 00/06/10【出発】
今から実家に行って来ます。

11:20 00/06/10【ねっとさーふぃんして思ったこと】
ネットアイドルの人って、ある意味すごいと思う。
電波系おにいさんの荒らしすれすれのカキコに、「私のサイトに来てくれてありがとー☆☆」とかいって笑顔印で応対してるんだから。なかなか出来るもんじゃないよ。
私だったら、「あなたは美しい」なんて気味悪いカキコがあったら、瞬間的に削除だろーな。
そうか、だから私はモテないのか。

19:32 00/06/09【第一関門通過!!】
おめでとう、私。
そして、やることメモ;
1明日あさって、面接のため水戸に帰る。
2ペン(先)合宿の予定を詰める。
3シームを仕上げる
4哲学の諸問題レポート
5翻訳概論レポート
6哲学講読レポート
7聖書概論テスト勉強
8音楽と社会テスト勉強(しないかも)
9ペン(先)新歓の予定を立てる
10来週こそはきちんと準備してハイデガー読書会に臨む。(私が出席しないとつぶれるらしいと今更気付いた)
11来週こそはキャンパる会議に出席する。(私が反省を言う日だし)
12部屋の掃除と洗濯

ちなみにさっき、毎日新聞からの催促の電話だと思って居留守を使ったら、親からだった^^;)

1:13 00/06/08【日記】
今夜が峠です。

23:57 00/06/06【更新情報】
最近更新してないので、そろそろお客さんが減るかなーとか思って、とりあえず過去に書いた文章でお茶を濁してみる。
というわけで、お話のページ更新です。

22:42 00/06/05【日記】
2限に出席した後、4限に提出のレポートをsakuraちゃんに託し、取材に行った。取材後、休む暇もなくバイトに行く。そして今帰ってきたところ。

なんだか今日は、いろんな意外な人に助けられたり励まされたりした。みんなに多謝!!です。おかげで、少し先が見えてきました。世の中まだまだいい人多いんですね。さあ、今夜も頑張るぞ。

ところでCAMEL来日ってホント?

22:38 00/06/04【ルーベンス展】
というわけで、気力を補充しに、某数学者を巻き込んでルーベンス展を見に行った。バロック時代の裸婦たちから気力をもらった。(……と書くとなんか違う気が^^;)。ついでに某数学者からも気力を思いっきり強奪してきた。さて、レポートを書こうか。

23:03 00/06/03【最近いっつも忙しがってるね、私】
なんだか、このままだと「キャンパルのみんなからの信頼」と「4年で卒業」のどっちを選ぼーかなー?って感じ。
足りないのは時間じゃない。時間なんてその気になれば1日24時間もあるんだ。人間って5日間くらいは起きていられるはずなんだし、足りないのは気力のほう。そういうわけで、明日は気力を補充しに外に出かけようと思う。(注:こういうのを現実逃避という)

枝毛とか、切れ毛とかはよくあるけど、私の髪はよく「折れ毛」が見つかります。
毛先から1センチぐらいのところで、いきなり45〜90度折れていて、ちゃんと折れ目もついている。
バリエーションとして「曲がり毛」ってのもあって、これは毛先が2センチぐらいくるりんと曲がっている。
これって、よくある現象なの?私だけなのかなあ。

19:36 00/06/02【憑かれた】
翻訳理論の先生、どうして10分で説明できることを30分かけて説明するんだろう。ただでさえゴロチは眠いのに、精神疲労が倍増する。
……と思っていたら、授業で配られたベンヤミンとかヤコブソンとかを読んでも、やっぱり同じことを何度も何度も何度も 何度も何度も何度も な───んども言っている。
と言うことは実は、言語学というのはなにかそうせざるを得ないような学問であり、私がその本質に気付いていないだけなのだろうか?
でも先生、同じギャグを何度も言うのだけは一刻も早くやめて下さい。

追伸。私には、ベンヤミンの理論がどうしてもヘーゲルに見える、もとい、ヘーゲルにしか見えないんだけど、誰かそこらへんの影響関係知ってる人、教えてください! 先着0名様に豪華プレゼントをさしあげます。

21:00 00/06/01【愚痴】
授業はさぼりたくない。でも授業をさぼらないと取材に行けない。記事書かなきゃ。でも、その前にこのレポート提出しなかったら4年で卒業できない。かなりジレンマです。ICQ取材とかできる世の中にならないかな。

1:02 00/06/01【日記】
sakuraちゃんがうちに来て、おみやげのトルココーヒーを飲みつつ5時間ぐらい、哲学と社会学の話で盛り上がった。彼女の話はいつもいい刺激になります。はあ、卒論どうしよう。(と言う前にシーム終わらせろって)

隣の部屋の住人(ICU生)が、失踪した。
どうやらサークルでもめ事があって、実家に閉じこもっているらしい。
思わず携帯に電話して、今度飲みに行こうよなんて言ってしまう。
あーあ、どうして私、こう、他人を放っておけないのだろう。
他人のトラブルを抱え込みすぎると自爆するって、実証したばかりなのに。

17:13 00/05/30【日記】
今日中にやらなければいけないことを数え上げたら両手を越えてしまったので、キャンパる会議は休むことにする。

っていうか、私の世代って、ちょうど隙間なんだね。
つまり、「命の大切さを教える教育を」と連呼するしか能がない頭の固いおっさん世代と、動機と結果を混同して、たまたま歳の近い犯人を自己愛護・自己弁護のために擁護したがるティーンズ世代の、ちょうど隙間なんだ。

もうどうでもいいや、勝手にやってろよ、と思ってしまうのは、自分と同世代の共感できる意見がマスメディアに欠けているから。
欠けているのは当然ですね。何しろこの世代、社会ではまだ発言権ないし、現役高校生みたくゴシップ週刊誌にインタビューもされないのだから。

……こうして私の思考はどんどんメタ思考化して、本来考えなきゃいけない問題が置き去りになっていくのでした。

22:53 00/05/29【日記】
うっかり薄着で出かけたら、東西線の車内が殺人的に冷えていて、思わず凍死しそうになった。

あのさ、最近なんか必要とされてるらしい情緒教育って、(あくまでも、もし本当にそういうのが有効だとしたら、だけど)少なくても情緒「を」教育するんじゃなくて、情緒「で」教育するの間違いですよね?
歴史の年表を暗記するみたいに情緒を教え込まれたらたまったもんじゃないでしょ。
そして、そのようにして教えられた「命の大切さ」が、もはや「イイクニ作ろう鎌倉幕府」程度の重みしかなくなるのも、それほど変なこととは思えません。

19:17 00/05/28【うーん】
珍しく彼氏と3ヶ月も続いたらしい。
あ、私のことじゃないです。友人の台詞です。
どーしても分かんないんだけど、付き合って2、3ヶ月で別れてしまう人って、どういう理由で別れているのだろう?
たった3ヶ月で、飽きたり嫌いになったり、何らかの判断を下せるほどその人を知ることなんて、出来るとは思えない。
……じゃあどのくらいの年月分を知れば判断して良いの?、と聞かれても困るけど。

22:39 00/05/27【神田川クルージング】
都市論研究会のフィールドワークで、両国を出発点に、神田川・日本橋川・隅田川を船で一周した。
やっぱ、お茶の水付近とか、毎日新聞社付近とか、自分が普段から見慣れてる街がいちばん面白いね。水上から見ると全然違う街に見える。

今日くぐった橋;
<神田川エリア(東→西)>
柳橋、浅草橋、左右衛門橋、美倉橋、和泉橋、神田ふれあい橋、山手線(神田〜秋葉原)の橋、万世橋、昌平橋、総武線(お茶の水〜秋葉原)の橋、地下鉄丸の内線の橋、聖橋、お茶の水橋、水道橋、後楽橋
★このへんの建物は、みんな川に背を向けて建っているので、川の側には看板さえない。ちょうど死角の部分に入り込んでしまったみたいで妙な感覚だった。地下鉄の線路を下から見たのは初めて。

<日本橋川エリア(西→東)>
三崎橋、中央線の橋、新三崎橋、新川橋、堀留橋、南堀留橋、俎橋、宝田橋、雉橋、一ツ橋、錦橋、神田橋、鎌倉橋、山手線(神田〜東京)の橋、新常盤橋、常磐橋、常盤橋、一石橋、西河岸橋、日本橋、江戸橋、鎧橋、茅場橋、湊橋、豊海橋
★首都高速の下をずっと通っているせいか、歩行者がいないせいか、暗い。しかもだんだん臭くなってくる(笑)。高速の補強だか整備だかの工事をあちこちでやっている。川の上から見ると、九段下も銀座も大して変わらない。

<隅田川エリア(一度河口に向かい、Uターンして両国へ)>
永代橋、中央大橋、佃大橋、勝閧橋、隅田川大橋、清州橋、新大橋、首都高速7号の橋、両国橋、総武線(浅草橋〜両国)の橋。
★隅田川は波が荒い。船が揺れまくって気持ち悪くなった。風が強い。潮の香りも強い。神田川、日本橋川からの景色は「都市の裏側」って感じだったけど、隅田川から見える景色は都市の表側。そびえ立つリバーシティ21がSF小説みたい。

2:11 00/05/27【日記】
ええと、7限後にバイト先の飲み会。こういう社交的な場って苦手なんだよなーとか思っていたけど、お互いあまりにも個人情報を知らない人たちなんで、かえって話題に事欠くことなくて(要するに、自己紹介してるだけで時間が過ぎていく)、案外楽しかった。

[home] 
[99年11月] [99年12月] [00年1月] [00年2月] [00年3月] [00年4月] [00年5月]