◆◆Today’s Thinking◆◆

[home] [back] [next]

23:31 00/03/31【ライブ!ライブ!】
スクーデリアライブ、行って来ました。はじけました。明日は筋肉痛になりそうです(笑)。筑波でロボットを作っているlightsさんと一緒です。詳細は2、3日後にライブレポート書きます。
終わってから、ネット上の知り合いだったやまおかさんとうじしまさんとも初めてお会いしました。二人とも面白そうな方でした。
では、疲れているのでこのへんで。

6:19 00/03/31【日記】
昨日は激動の一日だった。午前中読書会、お昼はみどりちゃんちでお好み焼きを食べた。午後はバイト、そして夜から朝まで毎日新聞キャンパルのキックアウト。私のキラー超音波は無事だった。USSの時枯れかけたのは、カクテルを飲みながら歌っていたからなのだろう。声帯にアルコールは悪いらしい。
今から一眠りして、起きたらスクーデリアのライブ行きます。

23:10 00/03/29【ミラージュ】
キャラメルBOXの芝居を観に行った。よーださんのコネで半額にしてもらえたのだ(感謝!!)。高田馬場で数学の学会に行ってた人と池袋駅で合流して、いざサンシャイン劇場へ。
今回の「ミラージュ」は、挿入曲が全曲スクーデリアという、加藤さんの趣味丸出しの作品。やっぱり泣いてしまった。キャラメルの芝居って、基本的に愛と勇気のハッピーエンドなので、簡単に結末予想できるくせに、予想通りの結末になるのを見届けると何故かどうしても泣けてしまう。悔しいなあ。世間の法則が通用しない不思議な空間を作ってしまうパワーがあるのだ。

山手線で家に帰るのって、嫌いだ。
電車に乗った途端、今日一日が日常に掻き消されるみたいに強制終了させられてしまう。モノレールみたいな非日常的な乗り物で帰れば、家に着く直前まで終わらないで済むのに。

13:08 00/03/29【本の大移動】
引っ越す人からいただいた本箱を四苦八苦しながら組み立てて、積み重なった段ボールから本の大移動をしてみた。
うーん。やっぱり部屋を広くするには縦の空間を上手く使うに限るね。 意外な効果としては、どーんと本箱が置いてあると、なぜか精神的に安心するらしいです。部屋が一気に「私の城!」って感じになった。やっぱ私、活字中毒なんだなー(笑)。

13:10 00/03/28【卒論発表会】
起きました。記憶は残ってます。一応。
卒論発表会は良かったよー。ブルトンの自動筆記関係って、勉強しなきゃと思いつつ全く手を着けていない分野だったので、S崎さんの発表はためになった。T崎さんのデカルト研究は、その本格的な内容もさることながら聞き手を引き込む話術の虜になった。バイトのため途中で抜けてしまったけど、K藤さんの発表も聴きたかったよーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

4:40 00/03/28【キックアウト】
USSの卒論発表会&キックアウト。
今、かなり酔っぱらってへろへろなので、これから寝て起きて、この日記を書いた記憶が残ってるかどうかあやしいですね。
そういうわけで、起きたら書評のページ、更新するつもりです。
おやすみ。

23:20 00/03/26【社員食堂】
毎日新聞の社員食堂デビューしてきた。
値段はさすがに安い。ラーメン250円、焼き魚定植500円、肉そば400円、ってところ。店内もそこそこきれい。マーボナス丼を食べてみたけど、味はICUの学食をわずかに上回る程度。
難を言うなら、メニューの少なさ。特に、若者向けのメニューがほとんどない。そっか。若者は同じビルの中にあるマックとかスターバックスコーヒーとかampmとか行っちゃって、社食なんかに来ないのか。確かに客は50を過ぎたおじさんばっかりだった。テレビで大相撲やってるの観ながら大声でおしゃべりしている。私はちょっと居づらかった。
入り口近くに労働組合主催の古本無人販売コーナーがあって、1冊ALL100円だった。テレビジョン・シティ文庫版(実はハードカバー持ってたりする。でも、文庫版のみ巻末についている対談は面白かったので良しとしよう。)を含め、5冊購入。売り上げは活動資金になるらしい。彼らが思想的にどうなのかなんて知ったことではないけど、どちらにせよ500円じゃあ活動に影響を与えることもあるまい。

23:02 00/03/25【漫画について】
キックアウトの時話題に出て、改めて考えてみたんだけど、ほんとに私、漫画って読まない。
別に「漫画は駄目だ」、みたいな思想があるわけではないし、漫画を読んで面白くないわけでもない。むしろ読めばかなりエンジョイできるわけで。ただ、そういう習慣がなかったから、としか言いようがない。
本、演劇、音楽、これだけで十分過ぎるほど充実してたから、他の選択枝を思いつかなかっただけみたいだ。
そういうわけで、面白い漫画を貸してくれる人、大大大歓迎です(笑)。

22:50 00/03/25【?】
午前中読書会。午後バイト。
今、久しぶりにYちゃんと長電話していた。
曰く、恋する女の子は可愛いけど恋する男の子は醜いそうだ。
その時は漠然とした違和感の他には何も思いつけなかったので、適当に受け流して切っちゃったけど、やっぱ同じことをしてるのに女だけが許されるって変だよ。
思うに、問題あるのは「男はさばさばしてて、独立してるものだ」って勝手に決めつけている女性側じゃないだろうか。
私は、恋してる人を見るのって、男女を問わず大好きだ。

15:25 00/03/24【キックアウト】
ペン(先)のキックアウトに行ってきた。ロンロンの地下で食べたエスニック料理はとても美味しかった。シャンツァイのくせのある香りも、唐辛子たっぷりの辛さも、大好き。
キックアウト本も、予想以上にかっこよかった。私も一部欲しいくらい。さすがごんちゃん。センスがある人ってうらやましい。

この年になると好きな色と似合う色って一致することが多いけど、好きな曲と巧く歌える曲も一致することが多くなってきた今日この頃。
自分を好きになれてきたのかな。

22:21 00/03/22【サンダル発見】
春のサンダル欲しいなーと思っていた矢先、去年の夏物最終処分にて爆安で買ったピンクのサンダルがあったことに気付いた。
金欠だし、もうこれでいーや。てゆうか、ラッキー。

2:59 00/03/22【わわわわわわっ】
敬愛するゼウスレコード様にリンクを貼っていただいてしまいました。
どうしようどうしよう。そんな恐れ多い。
とりあえず宣伝してみよう(笑)。みなさん、ゼウスレコードいいです。
本当にいいです。ぜひぜひ聴きましょう。
そういえば生楽器にしか興味ないROCKオタクの友人も、かなり気に入ってくれてました。
 

2:05 00/03/22【好きな作家】
好きな作家って、2種類ある。
読んで面白い作家と、コンセプトに共感できる作家と。必ずしも両者は一致しないらしい。
私が好きな作家として挙げている人たちは、コンセプトに共感できる方の作家が断然多いことに気付いた。でも実際、数を読んでいるのは、読んで面白い作家の方なんだなー。大江健三郎なんてあんなに激しく絶賛しながら、半分も読んでなかったりして。
本読みたいよお。でも春休みは短いのだ。

21:42 00/03/21【同窓会キャンプ】
高校1年の時の生徒会メンバーで同窓会キャンプに行ってきた。
今回集まったのは7人。食べたり飲んだり飲み過ぎたり愛を語ったり歌ったりまったりしたり、あっという間の2日間でした。
当時から5年経つのに、こんだけ続いてるって凄いことだよね。(注:主語は「生徒会キャンプ」です。「A氏とO嬢」ではない。いや、そうかもしれない^^;)人との繋がり、これからも大切にしていきたいものです。
今日買ったもの……オゾックの青っぽいニット、同じく紫っぽいスカート。
春物買いは、これにて終了のつもり。
オゾックの店内で、演劇部のてるてる先輩とお会いした。凄い偶然。

1:55 00/03/19【今日もバイトだった】
ifroomは、わかってるだけで、少なくとも4種類のブラウザで見ていただいていることになる。ヴァージョン違いを入れたらその倍だろう。
って考えちゃうと、せっかくバイトでいろいろ覚えたのに、使ってみようという気が起こらないのよね。なんでILCってああなの? いや、それは一年前までばりばりのネスケユーザーだったifが言っていい台詞じゃないか^^;
ジャストシステムのやつって、どこまで対応してるんですか?>ぱんだBさん

3日間ほど旅行のため更新ストップします。
連絡があったら携帯にしてね。

10:39 00/03/18【花粉症】
かなりひどい。

22:19 00/03/16【自己レス】
違うかも。音が説明してくれるんじゃなくて、音という抽象的な世界と、言葉で描かれた具体的な状況が、そもそも結びつかないって言った方がいいのかもしれない。

6:25 00/03/16【予定】
16日 午前中読書会 午後バイト
17日 ピクニック
18日 一日バイト
19日 実家に帰る
20〜21日 高校の生徒会同窓会キャンプ
22日 午後バイト
23日 ペン(先)キックアウト
ゆうことで、しばらく更新できんかも。許してね。

6:09 00/03/16【詩と詞について】
更新してみた。恥ずかしー。と思えるってことは少しは成長してるのね、私。
やっぱり、詞と詩は違うよ。詞が、詩として見ると全然ナットランのは当たり前のことで、そもそも別ジャンルなんだから。
メロディーに乗せることを前提とした詞は、言葉の意味より響きの綺麗さが重要になるのも当然のこと。
よく思うんだけど、詩人の書いた詞は、くどい。説明過剰な気がする。 詞に「状況の説明」は要らない。説明は音楽がしてくれるだけで十分だ。 説明過剰な詞に比べたら、コムロの意味不明な詞の方が、不器用だけど方向性としてはまだいいとさえ思う。
最後に、具体例を出さないと分かりづらいと思うので、私が詞として正しい方向性を目指してるなー思ったのを紹介しておきます。
Charaの「光と私」。
ブリグリの「There will be love there」。
ソフィアの「オール」。
どお?

5:50 00/03/16【コムロテツヤってそんなに悪者?】
なんだかさ、日本の音楽の質を低下させてる諸悪の根元みたいな言われかたしてるけど、そうやってコムロの悪口言ってる人に限って、数年前までは彼を絶賛してた人なんじゃないかな。でもって数年後、「R&Bなんてダサい」と非難し始めるのもやっぱりそういう人たちなんだろうと思う。
ポップミュージックなんて、要するに、時代と合っているかどうか、なんだ。
trfとか、今聴くからこそほんとにチープでありふれたディスコサウンドだけど、デビュー当時はとんでもなく新しくて衝撃的な音楽だったわけで。
現在という視点からだけ見ていたら、正当な評価はできないよ。

23:42 00/03/14【文体とファッション】
私の文体って、私の生き方そのものなんだなーと思う。
例えばファッションなら、まず、ダサいと思われるのは嫌だから、服にはそれなりに金をつぎ込む。でも、お洒落に気を遣ってるとも思われたくないので、黒や白の無地(のブランドの服)を選ぶことが多い。
その心は、「けなされたくない」。決して「ほめられたい」ではない。ファッションに気を遣っているとバレてしまっても、やはりけなされる原因にはなり得るからだ。
だから私は、善いことはやりすぎない。悪いことをするのはけなされる原因だけど、善いことも過ぎればけなされる原因になり得る(駄目ねー^^;)。
これと同じこと、文章でもやっているんだと思う。
人と同じことはしたくない。でも、奇を衒ってるとは思われたくない。調子にのっているとも思われたくない。そのジレンマから生まれた引き算の文章はifの文体なんだと思う。

18:01 00/03/14【更新情報】
ゆーたさんのところと相互リンク成立。
女の子の個人ページとしては2件目です。うれしーな。
まだまだ女の子募集中。
20〜25歳の明るくて可愛い子、応募待ってます(なんか違うぞ)。

22:16 00/03/13【日記】
生えかけの親知らずが痛みだした。春休み中に歯医者に行ったほうがいいのかな。
かつて歯列矯正で罪のない永久歯を4本抜いたことがあるので、抜歯に対する抵抗感は別にないけど、めんどくさいな。金かかりそうだし。

23:57 00/03/12【日記】
今日は一日デート(はあと)。
葛西臨海水族館とパレットタウンに行って来た。
春物のサンダルを買うつもりだったけど、いっぱいお店がありすぎて結局決められなかった。
物書きとしての今日の収穫は、「水族館」「観覧車」という、それ自体でインスピレーションを大いにかき立ててくれる言葉と出会えたことかな。

23:47 00/03/11【あたしという一人称】
今書いているお話、準主役級の子が一人称「あたし」で喋るんですよ。書きにくいことこの上なし。何でこんなに難儀してるんだろうと考えてみた。
多分、「あたし」という言葉の持つ許容力の大きさ、悪く言えば誤魔化しがきくところが嫌なんだと思う。ifが陳腐だと思うような表現でも、「あたし」をつけると不思議と見られるようになってしまう。たとえば、「私恋しちゃった」とか書いてあったら、寝言言ってんなボケ、と思うけど、「あたし恋しちゃった」と書いてあったら、ううむ君ならひょっとしてそういうこともあるかもね、と強引に納得させられてしまうのだ。
一人称を「あたし」にすると、つい気付かずにそういう陳腐な表現を使ってしまいそうで、警戒してるんだと思う。ということは、今回の場合、いったん全部「私」で書いて、書き終わってから「あたし」に全置換すればいいのか。(本当に?)

22:15 00/03/11【いいわけ】
10日朝 起きる→午前中読書会
→美容院でカラーリング(明るめに、と頼んだのに全然明るくならなかった。やっぱり私はそういう髪質らしい。金返せー!!)
→水戸一高演劇部の同窓会@高田馬場
→うちに帰って、酔っぱらった頭でリレー小説を仕上げ、送る
→11日起きるともうバイト出勤時間
→バイトに行く
→バイトから帰ってきた
というわけで、アップロードの時間なんてなかったのです。

8:50 00/03/10【続・リレー小説】
やった!オチが付いた!

22:18 00/03/09【リレー小説】
毎日新聞キャンパるのリレー小説に四苦八苦中。
だいたいさ、なんで私が最終回なの?小説書きにリレー小説書かせるのはお門違いだよー。だってリレー小説っていうのは、文学するものじゃなくて、むしろいかに非文学になっちゃうかを楽しむものじゃん。ぶつぶつぶつ。とか文句言いながら、実はけっこう楽しんでたりして。でも期待はしないでね。
あ、suttokuさんが書いてないほうのやつだよ。

10:41 00/03/09【言葉いろいろ】
文章を書くって、難しい。事実を過不足なく書いただけじゃ、過不足ない事実は伝わらないのね。過不足ない事実を伝えたかったら、あらかじめ読者の心のバイアスを計算して、それに基づいてやや過不足をつけて書かなければいけないのだろうか。
……でも、本当に可能?

今日分かったこと。今まで一緒だと思ってたお話書きモードと学問モードは、実は違う私みたいだ。さらに、淋しい時はお話書きモード、幸せなときは学問モードになることが多い。ということは、自分の精神状態を管理するという点でより切実な意味があるのはお話書きのほうってことか。

22:17 00/03/07【日記】
午前中、東海林君(と書いてトウカイリンと読む。謎だ。)の家で読書会。
最近、どうも形而上の世界に閉じこもり気味。春は家の外に出ると花粉が飛んでいるので、この傾向は今後さらに強まるでしょう。困ったもんだ。
夕方から、テスト期間中は休んでいた毎日新聞キャンパルに行く。次回は「すた・こら」を書かせていただくことになった。4月15日の夕刊です。読んでねー。
今日買ったもの:クリムゾンのCDデジタルリマスター版。ステッカー付き。
「レプリーク」という、演劇雑誌の創刊号。(私の投稿が載っている。でも名前が一字誤植されているので哀しかった。)
AIRの「NEO KAMIKAZE」。

12:29 00/03/06【日記】
Win98は起動に時間がかかってうざいので、長時間使わないときでもスタンバイにしてしまうことが多い。
一体私は何日に一回ちゃんと電源を切っているのだろう?
と思って、後輩の作ったソフトを利用して調べてみた。
すると、1月1日から今までの総起動回数はわずか32回。
2日に一回しか電源切ってなかったらしい。ごめんねラヴィちゃん。

3:02 00/03/06【意図について(続・文体について)】
どうやら私は、読者としては特殊な部類に入るらしい。
作者の意図がちょっとでも見えてしまうと、シラけて読み進める気をなくしてしまう。しかも、一般的な人より数倍敏感に、作者の意図に気付いてしまうみたい。意図アレルギーかも?
頼むから最後まで騙していてくれーっ!!って思うのだ。
あんまり正確なたとえではないけど、芝居を観てて、目の前で喋っているのが登場人物ではなく登場人物を演じる役者さんであることに気付いてしまう瞬間に似ている。気付いてしまった瞬間、どんなに巧い演技でも、それは演技でしかなくなる。役者特有の声の出し方や大げさな身振り、手の込んだ舞台セット、微妙な照明の変化、全てが色を失って胡散臭くなってしまう。
どんな時に作者の意図を見抜いてしまうことが多いのかというと、
不必要に難しい文学的表現を多用してたり、必然性もなく文体に特徴を持たせているとき、奇を衒っているとき、ウェットだったりホットだったりするとき、それからこれは論外だが、単に演技が下手なとき等がある。
最後まで、登場人物たちの正体が作者であることに気付かせないで欲しい。読者を最後まで騙しきれるように、細心の注意を払ってその意図を隠して欲しい。
誰か私の他に、意図アレルギー患者、いませんか? この苦痛を共有するべし。

14:52 00/03/05【嫌いなタイプ】
私の嫌いなタイプの人間を思い浮かべてみる。
するとどうやら、「友達にしたくない」って意味での嫌いなタイプは全くないみたいだ。「自分がなりたくない」って意味での嫌いなタイプはたくさんあるけど。
思想的にお子様な人は大嫌い。
奇を衒う表現者は嫌い。
努力しない人、努力を見せつける人はどちらも嫌い。
恋する女の子が他力本願なのも嫌い。
実力の如何に関わらず目立ちたがりやは嫌い。

……なあんだ、結局自分が嫌いなタイプって、「高校以前の自分」だったのか。分かり易いなあ。
あ、念のためもう一度言っとくけど、あくまで自分がなりたくないってだけで、他人がこうなのは全然構わないんだよ。

21:46 00/03/04【日記】
レポート提出記念として、アッコと高田馬場のタイ国ラーメンを食べに行く。早稲田生に人気のお店らしい。確かに本格的でおいしかった。
帰り際、ふらっと寄った古本屋でしばらく呆然と立ちつくす。泣きたくなるくらいレアな品揃え。ブラッドベリって創元文庫から出してたの?しかもこれ読んだことないし(初版1800円)。秋元文庫なんて、実物見たの初めてだよー(500〜1000円)。
金がなかったので買わなかったが、もし宝くじが当たったらこのお店ごと買い占めたいと思った。さすが高田馬場。

23:51 00/03/03【日記】
レポートを書きに、吉祥寺の喫茶店に行こうと思った。
出がけに時間か金かと己に問うてみたところ、金だという答えが返ってきたので、電車ではなく自転車で行くことに。なんとなく、いつもと違う道。太陽が見えないときにこういう冒険すると迷うんだよなーと思いながら走っていたら、本当に迷った(馬鹿)。
うろうろしてたら三鷹台の駅に着く。よっしゃ、これで線路沿いに行けば吉祥寺に着くはずだ!!と思って線路沿いに行ったら、なぜか久我山に着いてしまった。180度狂ってたらしい。自分にここまで方向感覚がないとは知らなかったぞ。
あわててUターンし、1ベンチ1カップル状態の井の頭公園を猛スピードで走り抜け、お目当ての喫茶店(今日は“まざあぐうす”)にたどり着いたときは、家を出てから一時間以上経っていた。時間というやつはなかなか高くつくらしい。

19:05 00/03/03【決意】
今夜中には絶対、レポート書き終える。
いや、書き終えないとまずい。

2:15 00/03/03【文体について】
「かっこいいー」とか「巧いなあ」とか思わせる文章を書くより、読者が文体に関して立ち止まってしまうことが決してないような文章を書く方がどれほど難しいだろう。
「文が巧いね」と言われると、他意がないと知りつつ、どうもバカにされているような気がする。次回こそはただ「面白かった」と言ってもらえる文を書かなきゃ、と反省してしまう。
「文が巧い」と思われてしまったら負けなのだ。(もちろん「文が下手だ」と思われるのは論外だが)良い文章とは文体について何も思われない文章、文体そのものに関心をひきつけて読書を妨げることが一切ない文章だと考えている。もし「個性」とか「世界」などというものがあるのなら、それは文体上の粉飾を注意深く取り除いて初めて浮かび上がってくるものなんじゃないだろうか。
今の私はまだまだ程遠いけど、いつかそういう文章が書けるようになりたい。でも、どうやら世間は私好みの文章を書く作家さんよりも、「かっこいい文体」を書く人のほうを褒め称える傾向にあるらしい。
ま、褒められたくて文章書いてるわけじゃないから、別にいいと言えばいいんだけどね。
私の考え方・感じ方って変?
ここ読んだ人、できればBBSかメールで反応してもらえたら嬉しいです。けっこう悩みどころなもんで。
(簡単な言葉でOKですぞー。)
★補足
ええと、出来れば、書いてないことを読んだり、書いてあることを読まなかったりするのは、やめて下さい。そうでない限りにおいては、批判は大歓迎です。

16:22 00/03/02【PCについて】
パソコンに詳しくなるか否かって、使用年数はもちろんだけど、それ以上に大きな要素なのがパソコンに対する考え方だと思う。
パソコンのそのものに興味を持って接していれば、1、2年でもけっこう詳しくなれるんだろうし、ifのように文章表現ツールとしか考えてないと7年経ってもアプリが使えるだけでパソコンは分からない人になってしまう。
本人が特に不便を感じていないので、それでいいのかなあ。でも、接し方のちょっとした違いで特技が一個増えてたかもしれないと思うと、勿体なかったような。(でも今後も変えるつもりはないし^^;)

1:09 00/03/02【更新情報】
自己紹介の総単位数に、ヘルエドとスポサイを入れ忘れていたことが判明。
というわけで2単位増えました。なんだか得した気分ね。

11:18 00/03/01【日記】
ただ今現在、 推定 希望取得単位数10と1/3。
今日のは、総出席数4回、ミッドも受けてない、という最大の難関。
一応問題は全部埋めてみた。伊東先生の愛が試されるところであろう。
教訓としては、ifは2限の授業は取っちゃいけない、ってところかな。
来学期の聖書概論、2限なんですけど……(>_<)。

2:39 00/03/01【日記】
ただ今現在、推定取得単位数7と1/3(15と1/3中)。
明日の今頃は、10と1/3に増えてる予定。どうなることやら。
早く自由になりたい。

1:14 00/03/01【言葉が聞き取れない】
慎重な性格、というと聞こえはいいけど、私の場合かなり日常生活に支障があるレベルです。
特に、言葉に関する慎重さは時々自分でも病的だと思う。
たとえば祖父が「うでたまご食うか?」と言ったとする。
もちろんその時、祖父はゆで卵のことを言った可能性があるとは思いつくけど、でもひょっとしたら違うかもしれないじゃん、と考えてしまい、「おじいちゃん、うでたまごって何?」と聞いてしまう。
母からは、それが祖父をいじめてるように見えてしまうらしく、私が心の底から“ゆで卵ではない何かである可能性”を疑っていることを分かってくれない。
同じく、発音の悪い人がぼそぼそっとつぶやいた言葉が「カレールイス」と聞こえたとして、その時私はそれが“カレーライスではない何かである可能性”を切り捨てることがどうしても出来ない。よって、発音の悪い人の言葉は時に全く聞き取れない。事実です。みなさん、発音良く話してね(……そういう問題じゃないっ^^;)。
この性格、テツガクするのには向いてるのかしら?

[home]
[99年11月] [99年12月] [00年1月] [00年2月]