◆◆Today’s Thinking◆◆

[home] [back] [next]

18:19 00/02/29
Salon2001の規定が少し厳しくなったので、絵を微妙に増やした。
別にリングに入っててもそうカウンタが増えるわけではないので、脱会しても困ることはないんだけどさ。
苦手な絵、避けてばっかいたら成長しないので、いい機会だと思う。
ついでに、目立たないところにあったこの日記をトップから行けるようにしてみました。

18:00 00/02/28
ニーチェの道徳観について参照したくて、永井均さんの『<子ども>のための哲学』(講談社現代新書)を再読。のつもりだったのに、ついつい最近USSで話題の「哲学とは何か」を書いた部分に目がいってしまう。まあ、永井均さんのは「世間的概念としての」哲学のほうに近いけど、“他人の哲学がつまらないのは当然だ”、という文章に共感をおぼえた。
というのは、最近切に感じてるんだけど、かつて自分自身で考えて「独我論」を思いついた経験のある人でないと、独我論は(論理的に理解出来たとしても)分かってはもらえないらしいのだ。逆に、分かる人は一瞬で、「そうそう、それっ!!」って言ってくれるし。

超余談だけど、最近新聞とかでは、「子供」という書き方を避けるらしい。「供」があまり良い意味ではないからだそうだ。でも、ひらがなで書いたって結局「供」であることに変わりはないと思うんだけど……。

1:44 00/02/28
シェリングに難儀中。深いわこの人(当たり前か)。

4:07 00/02/27
待つことができない人と、待つことしかできない人と、どっちが強いんだろう。

18:18 00/02/25
哲学講読のファイナルテストは「ERBで口頭試験」だそうだ。
田中先生もなかなかカッコいいことしてくれる。

6:46 00/02/25
なんだかお菓子作りがしたくなった。
テスト終わったら作ろうかな。ふわふわの紅茶のシフォンケーキとか。春休みの読書会にでも持っていけばいいし。
考えてみればバレンタインって、良いですね。一年のうちで唯一「時間が……」「お金が……」「体重が……」とか気にしないで、合法的に(笑)好きなだけお菓子作りが出来るわけで。
いや、でも「贈る相手」でなくむしろ「お菓子そのもの」のほうに愛情を込めている気がするのはどうなんだろう(^^;)

20:14 00/02/23
近世以降の哲学は不純だ、という主義のはずの岡野先生が、なぜか脳死を語っていた。
脳死を語る姿にこんなに違和感を感じさせる人は初めてだ。

14:12 00/02/22
ネガティブな言葉はなるべく文字にしたくない。
文字にした途端、地縛霊になって定着してしまうから。

1:06 00/02/20
「be動詞」の機能が弱い日本語には、普遍を作り出す力がない。そのかわり日本語の思考は、動き変化する「存在」の真実の間近に接近することが出来る。
(中沢新一『リアルであること』幻冬社文庫の111ページより要約)
なるほど。すると、ifがどーーーしても日本語でしか思考出来ないのは、必ずしもマイナスではないのね。(なんて都合のいい解釈だ^^;)シームがあ……。

23:53 00/02/17
久しぶりに佐々木丸美を再読。
いてててて。この人の描く「若者の恋愛」は、なんでこんなに痛いのだろう。ついでに、「志が高くて空回りする若者」の描写も、読んでいて穴があったら入りたくなるくらい上手いと思う。やっぱ凄いわ、この人。

> よく日記なんて公開できますねー。
というメールをもらったのですが。

違うってばー。公開してるのは本当の日記の半分くらいです。
本当の日記は創作メモと化してるので、ハッキングされても痛くもかゆくもないくらい、かなり意味不明です。

12:17 00/02/16
心を入れ替えてファイナルモード!!!
と、少し前も書いたような気がするが……。

21:38 00/02/15
アッコありがと。やっぱり持つべきものは友達ね♪

2:24 00/02/15
立ち直り早すぎるぞ、おい(笑)。
おっかしいなー。かなり本気でキレたはずなんだけどなー。
ともかく一件落着。なんだか急に楽しくなってきた。

1:52 00/02/15
怒りの第一波がようやく去ったので、ちょいと冷静になってみる。
まあ、間違って毒を飲んでしまった気持ち悪さ、ってとこかな。
それは「言葉」、または「言霊」という毒。
中島らもは、「言葉は呪いだ」と表現してたけど、もし、もう少し私が弱かったら呪いにかかってたかもね。アブナイアブナイ。
さあて、お話でも書いて呪いを跳ね返すか。

23:27 00/02/14
ifさん、今、ある女性に対して本気で怒りを覚えてます。
てゆうか、本当に最低だと思います(--#)。 ばかばかばか!
この怒り、どこかにぶつけない限りやってらんないので、ここにぶつけさせてもらいます。 ここを読んでる皆さんは無関係だから、気にしないで。 ごめんね。

21:18 00/02/13
で、やっぱり14日はバイト先に手ぶらで行ってはいけないのでしょうか?
何も考えてないぞ。どうしよう。

18:35 00/02/12
リンクに安達君のページを追加。
ついでに友達リンクが増えすぎたので、相互リンク以外削らせていただきました。ごめんなさい。

初対面の人が、実は詩や絵を書いていたり、HP作ってたりしてる人だと分かると、なんとなく安心するのは何故だろう。そう感じてるのって私だけ?
表現欲があるって、凄くマトモで、健全な精神だと思うんだよね。
私は、「表現する人」であれば、とりあえず信用することにしている。
変かなー?

20:09 00/02/11
今日一日は本の読み過ぎ、だろうか。ちょっと頭に詰め込みすぎたみたいで、消化不良気味だ。そんなチョコレート化してる脳味噌には、MAGMAの意味のないコバイア語がなんとも心地良い(笑)。

3:55 00/02/11
小松左京全集サービスが始まったって?!嬉しすぎ。私が高校生の時点で、短編集の多くが品切れだったんだよ〜。なぜか長編はみんな無事。短編のほうが好きだったのに。
私がSFをあまり語らないのは、生まれるのが10年遅かったというコンプレックスがあるんだろうなあ。高校生の時、他にも角川文庫の平井和正・眉村卓の2/3、豊田・ヨコジュンの半分以上がすでに絶版か品切れだった。(なぜか星新一の本はみんな健在。半村良、筒井康隆は好きじゃないのでどうだったか記憶がない。筒井は断筆騒ぎしてたから、以外と売れてたかもね。)
逆に、文学を語ることなら許されるような気がしてしまうのも、生まれた年のせいかもしれない。バブル的なもの・考えに対してとことんクールな世代だから。

11:44 00/02/09
過去に書いたお話をアップロードしようとして、気付いたこと。
ifのなんこのデビュー作は、ライト(現ワードパッド)で書かれていたらしい。我ながら、よくやったもんだ。でもあれ、win3.1の頃のほうが使いやすかったような。縦書きに印刷できたし、行間変えられたし。当時使ってたDos版一太郎Ver.5よりずっと軽くて、わりと気に入ってたんだけどなあ。

22:49 00/02/08
ってゆうか、寒いっ!!寒いを通り越して痛いっ!!
今日は毎日新聞がお休みだったので、吉祥寺をふらふらしてみた。
ロフト見て、丸井見て、丸井から出たら、なんだか白い物が空から舞い降りてる。
……雪自体は好きだけど、今は止めて欲しかった。自転車で帰るの寒いし、傘ないし、自分が濡れるし、何より買った物が濡れるし、電車で帰ったら24時間後には自転車撤去されてそうだし。
そして、根性でなんとか帰ってきました。今、凍った指が激痛と共に解凍されているところ。
ところで、肝心の丸井だけど、もう、感激もんだった。今年の春物、嬉しすぎる。どれもこれも本当に可愛くて、もし友達と一緒だったらいちいち歓声を上げていたことだろう。女に生まれてよかったと実感。今春の買い物第1号は、ぜえったいピンク、それもおもいっきりラブリーなのにするぞ!と決意した。

21:27 00/02/07
やっぱり私は、言葉を聞くのが好きなんだと思う。そして、心地良い言葉(注:たとえばinterestingってことね)を発する人間に囲まれていたくて大学に入ったんだなーって、岡野先生の授業中に(笑)考えていた。
尊敬する教授や先輩の言葉って、なんて心地良いんだろう!
詩人や小説家、学者や哲学者の言葉を聞いているのが大好きだ。
いつか自分も、他人にとって心地良い言葉を発せられるようになりたいな。

21:17 00/02/06
朝起きたら2時だった。まあ、よくあることさ。
芽キャベツが安かったのでホワイトシチューを作ってみる。自分で言うのも何だけど、大成功!でも、芽キャベツって何なんだろう。少なくともキャベツの芽ではないような気がするが。

23:21 00/02/03
授業中、授業とはあんまり関係ない長年の疑問が急に解けた。
そうかそうか、それが問題だったのか(ごめんなさい、こっちの話です)。それだけで今日は有意義な一日だった。
毎日新聞の名前で発行しているメールマガジンの巻頭エッセイを担当することになったらしい。いいのか?私なんかで。世の中のメールマガジンの大半が面白くない理由が分かった。学生バイトが書いてるんじゃ当然だ。

16:35 00/02/02
大学生になってもまだ、人間の知が万能だと信じこんでるお子様って、ICUにもいるもんなのね。まったく。そーゆーことたわけるのは高校までにして欲しいな。怒るぞ、マジで(--;)。
という話はおいといて、ペン(先)の原稿がやっとあがった。編集長様にはご迷惑をおかけしました。今せっかく頭が数ヶ月ぶりの創作モードになっているんだけど、そろそろファイナルレポートモードに移行してみようか。なんだかもったいないな。

11:30 00/02/01
数々の疑問(果たしてこの時間授業はないのか、とか、1時間しかweb上に置かれなかった1月31日の日記は誰か読んだのか、とか)はありますが、2月です。まあ、シームもなんとかなりそうだし。そろそろファイナルレポートが押し寄せてくるかな。
友人から借りたOPUS AVANTRAとかいうバンドがかなり良い。「劇的」とは何かを理解してる人たちだなーと思った。
 

[home]
[99年11月] [99年12月] [00年1月]