語り部の会 熊野古道 中辺路(なかへち)
熊野古道全般 (紀伊路 中辺路 小辺路) を 語り部としてガイド・ご案内いたします

 熊野古道へのいざない
 世界遺産 熊野古道 中辺路のガイド 熊野古道の案内 
 熊野古道の語り部
語り部の会
熊野古道 中辺路
(なかへち)
(熊野古道を漂いながら 熊野を探究するメンバーの集まりです)

 NPO法人漂探古道(ひょうたんこどう) 改め
 NPO法人を無くして 名前をわかりやすく変えました。
 語り部の会 熊野古道 中辺路(なかへち)
 「NPO法人漂探古道」は長年NPO法人として活動してきましたが 此の度もっと自由に活動できるようにNPO法人の資格を返上し
語り部の会 熊野古道 中辺路」として
組織を改変しました。(平成29年4月27日)
語り部の会 熊野古道 中辺路」の事務所所在地や電話・FAXは同じで 語り部料や会の規約もメンバーもこれまでと変わりません。

「語り部の会 熊野古道 中辺路」は本拠地・中辺路に根を張り
これからも変わらず
熊野を愛する語り部として精進しながら 熊野古道の語り部・ガイド・熊野古道の点検整備等の活動を続けています


前へ
次へ
熊野古道には、一緒に歩いて案内してくれる語り部がいます。
熊野の歴史や文化のほか、熊野特有の自然などの紹介も致します。

見落としてしまいそうな熊野の歴史や文化・自然を 語り部の案内で、心に残る旅を体験してみませんか。
「語り部の会 熊野古道 中辺路」はお一人様から団体の方まで ご案内します。
メニュー4
 
★ 熊野古道での投句のページ
 



INFORMATION

 
2016-01-22
ホームページを新しくました。
2017-04-27  NPOを無くし 名前をわかりやすく
変えました。

NPO法人「漂探古道」⇒「語り部の会 熊野古道 中辺路
2017-05-17 「熊野古道での投句のページ」追加しました。

05/07 近頃の中辺路近辺
04/25 近頃の中辺路近辺
04/16 野長瀬桜
 
3/31 春めいた那智 
雪景色 1月15日

01/01 2017元旦の闘鶏神社
   
  • ニュース





     「熊野古道中辺路の近況風景」
枠内の小さな写真をクリックすると 大きな画像で見る事ができます
  • 平成17年以来長らくNPO法人として活動してきましたが 4月27日の総会で NPO法人の資格を返上し
    名前や組織を改編して新しく「語り部の会 熊野古道 中辺路」として歩みだしました。
    名称他は何も変わっていないのですが 新たな気持ちで語り部活動に取り組んでいます。
    (ここだけの話ですが NPO法人は報告書等が煩雑で 1字でも間違っていれば文書作成に又大変な労力・忍耐を必要とます。 簡単に言ってしまえば もっと自由に活動がしたかったのです。)どうぞご理解ください。



近頃の中辺路近辺 5月6日
ちょっと前(4/25)の中辺路です。


山桜の葉が赤くなってきました。  
 
滝尻から平瀬方向の旧道。
八重桜が残っていて 橋の名が素敵です。
「出会橋」

シャガ(射干)が群生しています。アヤメ科で昔々大陸から観賞用として持ち込まれたらしいのですが こんな辺境の地に・・・。
 
花をまじかでみると派手ですね。印象は人それぞれです。


近頃の中辺路近辺 4月25日
 桜の季節から 新緑が眩しくなりました。

滝尻の山。
この山を登っていくのが 世界遺産・中辺路の始まり。
  
 
新緑と 椎のモコモコが始まりました。

事務所の横のタンボには レンゲ。
 
レンゲの中には 珍しく白い花も混ざっています


野長瀬桜 4月16日
前日15日からの雨で花が残っているか心配だったが まだ程良い姿を見せてくれた。
280年歳位とはとても思えない素敵な可憐さ。
今年も有難うございました。感謝で一杯です。


屋敷の横の道からの定点観測。前日の雨で道にハナビラが。
  
 
邸内からの定点観測。
いつまで見てても思いは尽きない。

新芽が出始めていた。!
 
近くにはレンゲの花も咲いていた。


春めいた那智 (3月31日)
 かなり前(3月13日)なのですが 那智に桜が咲き誇っていました。
早咲きの「河津桜」なのでしょうか?


那智の滝をバックに綺麗な桜。まだ3月半ばなのに春めいていて心浮き浮き。

勝手ながらカーブミラーが邪魔かな・・・。
 
早咲きで これだけ色濃いので「河津桜」と推定。

3月なのに 大雲取で2月の花「梅花黄蓮」が姿を見せてくれた。標高の低い所では無くて 越前峠近く。


雪景色 1月15日
 昨日の寒波で暖かい熊野には珍しく雪が積もりました。
1日たった今日の中辺路の近露付近。


近露のグランドに車の跡。普通ここには車は乗り入れないのだが 誰か嬉しくなって 跡を残そうとしたのかな?。
  
 
まだ小粒ながら雪が舞う。
橋の上は滑りそうで怖い。

小広峠のトンネルの出口。
車道の雪は融けているが 傍には雪がたっぷり残って 子供連れの家族が雪だるまを作って遊んでいた。!

 
朝9時過ぎ 温度計は-1度C。


2017元旦の闘鶏神社 (1月1日)
 元旦は氏子なので 初詣は「闘鶏神社」へ。
ところが世界遺産に追加登録されたおかげか とてもお参りは出来ませんでした。
ありがたい事に人であふれていました。
十日戎に又くるので その時に参拝は延期です。


拝殿までは何重にも人の列が続きます。
 
ここまでたどり着くのを待つ根気は無いのです。


おみくじ買うだけでも人の列・列。
近いので又日を改めて初詣に来ます。


無料カウンター   since 2016/01/22

熊野古道とは

 古代から中世にかけ、本宮・新宮・那智の熊野三山の信仰が高まり、上皇・女院や庶民にいたるまで、旅人の切れ目がなく行列ができた様子から「蟻の熊野詣」と例えられるほど多くの人々が熊野に参詣しました。

熊野古道の中心は、大阪から和歌山を経て、田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)。そのほか、田辺から海岸線沿いに那智・新宮へ向かう大辺路(おおへち)、高野山から熊野へ向かう小辺路(こへち)、吉野から熊野本宮へ向かう大峯奥駈道、伊勢と熊野を結ぶ伊勢路など、いくつかのルートがあります。

そのうち、田辺から熊野本宮に向かい、後鳥羽院・藤原定家・和泉式部も歩いたとされるのが中辺路ルートです。

「漂探古道」 改め
「語り部の会 熊野古道 中辺
(なかへち)

〒646-1421 和歌山県田辺市 中辺路町 栗栖川 208
TEL 0739-64-1350 (AM 10:00~PM 3:00)
 FAX 0739-64-1352
メール  kataribe@sky.plala.or.jp 
Page Top