白い腕の女神 ペルセポネ

 大神<ゼウス>は自分の姉である豊穣の女神<デメテル>を妻としようとしました。しかしそれを嫌がったデメテルは蛇に姿を変え逃げます。しかしゼウスも蛇に変身して追いかけ、二人は絡まりほどけない結び目が出来てしまいました。二人はそんな感じで契ってしまい、ペルセポネが生まれました。
 他にはペルセポネの母が<レア>であるという説もあります。また、ペルセポネはコレと呼ばれることもあります。
 ペルセポネは親切で優しく美しく、誰からも愛される明るい性格という、文句の付け所のない女神で、デメテルはそんな我が子を大事にしていました。
 がしかし、そんな完璧な女神であったためか、色恋沙汰とは殆ど無縁の冥王<ハデス>の心を奪ってしまいました。
 ある日、花摘みをしていたペルセポネは突然行方不明になってしまいました。ハデスが掻っ攫って冥界に連れて行き、自分の妻としてしまったのです。(一説にはゼウスが手引きしたとも言われています)
 デメテルは半狂乱になってペルセポネを探しますが、娘が冥界にいることを知ると老婆に姿を変え、人間達と一緒に暮らし始めました。豊穣の女神であるデメテルがふさぎ込んでいると、穀物は一粒も実りません。見かねたゼウスは泥棒の神<ヘルメス>をハデスの元に使いにやり、ペルセポネをデメテルに返すように言いました。
 そんなこと言われても、誘拐までするほど惚れていたペルセポネを、ハデスは素直に返したくありません。そこでハデスは今まで悲しんで何も食べていなかったペルセポネに「これを食べたら帰りなさい」とざくろの実を四粒、口の中に入れました(無理矢理食べさせたとも、ペルセポネが勝手にざくろの木から実を取って食べたとも言われています)。
 こうしてなんとか母に元に帰ってきたペルセポネですが、悪い予感のしたデメテルはペルセポネに冥界でのことを聞きました。そしてペルセポネは冥界の食べ物を口にしてしまったことをデメテルに打ち明けます。
 冥界の食べ物を口にしてしまった者は冥界で暮らさなければなりません。こうしてペルセポネは一年の内三分の一を冥界で、残り三分の二を地上で過ごすこととなりました。
 このペルセポネが冥界に言っている四ヶ月間、デメテルは大いに悲しみ、地上に穀物が育たない冬がやってくるのです。
<INDEX>