設置者 社会福祉法人

あゆみ学園
小規模保育事業所ひかり
企業主導型あゆみ保育園
保育施設所在地
松山市畑寺町843−1
電話089-948-4402
この保育園は
だれかの役に立ちたい・・という
社会福祉の理念に基いて運営されています
ご希望があれば ふたつの園で
乳児から就学までをサポートします
こどもがこどもらしく育つこと 
日本の言葉と楽しむための音楽
みんなと一緒でなければ学べないことを教えます
生きる力と 助け合って生きるための知恵を育て
  温もりを実感できる保育を目指します




利用時間などの詳細は重要事項説明書をご覧下さい
小規模ひかり 重要事項説明書
あゆみ保育園 重要事項説明書
管理者の超個人的ブログはこちら
お問い合わせ・メールはこちら

社会福祉法人あゆみ学園 ホームページへ






* 小規模保育事業・企業主導型保育事業について

 小規模保育事業 は、3歳未満児の待機児対策として平成27年度に開始された制度で、これまでの認可保育園が定員60人を基本とし
ていたのに対して定員は6〜19人です。わかりやすく説明すると小型の乳児保育園というイメージです。規模が小さいこと、社会福祉法人
以外の設置主体や自己所有でないビルのテナントでも開園することが出来ることから、全国的に急増しました。設備基準・保育内容・職員
配置については認可保育所と同じです。地方自治体の認可事業なので、認可と運営補助金の給付や監査は松山市が行います。

 企業主導型保育事業 は、このところ補助金の不正受給問題が報道で大きく取り上げられていますが、同じように待機児対策のひとつ
として平成28年度に創設された制度です。小規模保育事業と同じように、社会福祉法人以外の設置主体や自己所有でないビルのテナント
でも開園することが出来ることからわずかな期間で急増しました。
 受け入れる園児の年齢や定員は、基準を満たす範囲で各園で定めることが出来るなど、認可事業に比べて比較的自由な部分がありま
す。施設の分類としては認可外保育施設ですが、設備基準・保育内容・職員配置は、認可保育所と同等で、内閣府からの補助金で運営さ
れ、松山市の調査と児童育成会の監査が行われます。また、企業主導型保育事業で保育認定を受けた園児は、満3歳になった日の次の
年度から、今回の教育保育の無償化の対象になる予定です。

  企業主導型保育事業の問題点 待機児対策の早期解決が優先され、十分な管理体制が整わないうちに制度が開始されたことや、施
設の建築費やテナント改修費の四分の三が補助されることから、これを悪用した一部の事業者により数千万から億単位の施設整備費不
正受給が行われたことはご存知のとおりです。現在は、国もこの事態を憂慮して改善策を検討中ですから、いずれ制度として精査され完成
したものになるのではないかと思います。

 小規模保育事業所ひかり・あゆみ保育園の特色 あゆみ保育園は、希望する小規模保育事業の卒園児を、同じ建物内で受け入れる
事が出来るため、二つの事業により、乳児から就学までの保育を一貫して行えるところに大きな特徴があります。また設置主体が社会福祉
法人であることから、事業の目的や安定性という点でも保護者の期待にこたえられると確信しています。建築に関しても地域貢献の観点か
ら、問題になっている建築や改修のための補助は受けず法人の自己資金のみで施設整備を行いました。

 社会福祉法人(しゃかいふくしほうじん) は、社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法の定めるところにより設立された公益
法人で、地域福祉を担うという理念と目的のためにその事業を行っています。 社会福祉法人あゆみ学園は、保育事業のほかに児童発達
支援センターや障がいのある方の就労支援事業など、法人全体で地域福祉に取り組んでいます。
2019.7.31