世界最大の教育サイト”TOSSランド”(商標登録第5027143) http://www.tos-land.net/




第11回特別支援教育セミナー ALL小嶋悠紀講座 IN青森



            

■ 子どもの事実とエビデンス(科学的根拠)にもとづいた講座の中で、発達障がいの子への対応の
 基礎基本、発達障がいの子どもが激変する氏の日常の指導についてご紹介していただきます。また、
 校内および地域の特別支援コーディネターとして、発達障がいの子の状態をどのように理解し、ど
 のような支援を行うのが効果的なのか、保育所や地域を巻き込んだ支援システムや海外の特別支援
 教育の視察なども含めた「最先端の特別支援教育」についてもご紹介いただきます。本州最北の地
 青森で氏のお話を聴くことのできる貴重な機会です。支援を要する子どもたちへの見方と対応が変
 わる半日講座、ぜひ今すぐお申し込みください。


■日時  2020年11月7日(土) 12:00〜16:30

■場所  八戸地域地場産業振興センター ユートリー 8階中ホール

        
青森県八戸市一番町1−9−22
       
    JR東北新幹線、青い森鉄道八戸駅に隣接
          
          

■講師  小嶋悠紀氏
      
 (NPO法人長野教師力向上NET副理事長、TOSS特別支援教育誌編集長、TOSS授業技量検定五段)

         長野県の公立小学校の教員。17歳からTOSSで学び始め、信州大学在籍中、学生サークルTOSS新進会、特別支援教育サークル
        
master-k3を立ち上げ、主にアスペルガー症候群の子どもたちと関わりながら、実践,研究を積み重ね、特別支援セミナー講師として
        全国各地で活躍中。

         最近では、長野県養護教諭研究協議会にて、幼、小、中、高、特別支援学校の養護教諭の先生方に長野県庁にて2日にわたり研修を
        行っている。また、
発達障がい児本人の訴え〜龍馬君の6年間〜の編集を行った。
        「TOSS特別支援教育誌」(東京教育技術研究所)編集長。

         著書は「プロ教師へのあこがれ」』『辞めたくなった!自分を元気にするチェックポイント』『発達障がいの子どもを“教えてほめる”トレー
        ニング
BOOK』など  



■主催  NPO法人 青森県教師力向上支援サークル


■講座予定  (第10回セミナーのものです。決まり次第公開します)

講座1 発達障がい児への対応術 〜子役つき模擬授業 (子役・解説小嶋悠紀氏)

講座2 幼稚園、保育園、県外からも引っ張りだこ、研修の現場を再現

講座3 子どもの能力を正確に捉える 発達アセスメント

講座4 ユニバーサルデザインの授業、合理的配慮の授業とは

講座5 小嶋悠紀氏最先端の模擬授業

講座6 小嶋流不登校支援講座

講座7 小嶋悠紀氏が語る「特別支援教育最先端」

講座8 特別支援に関するQ&A


※ 当日の講座内容が予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。



第10回(2019年11月2日)参加者の感想

 ◆今年も受講出来て嬉しく思います。台風の被害で大変な中、
  小嶋先生に来ていただくことができ本当にありがたく思います。
  教えてほめるの「教えて」の部分、近年の自分の課題だと感じています。
  ユニバーサルデザイン、マルチセンサリー早速実践してみたいと思います。
  「黒板まわりはスッキリと」がウソは衝撃的でした。アセスメント改めて勉強になりました。 

 ◆教科書の使い方、赤ペンでの囲みや手で隠すなど、
  ちょっとした工夫が子どもの支援になることがわかり、すぐやってみたくなりました。
  長期記憶復帰支援も掲示した方がいいんだと目から鱗でした。
  「ほ」のプリントも心が痛みました。漢字練習でもいっぱい直してました。花丸をつけます。
  お話を聴きながら「あの子だ」「これはあの子だ」と思い浮かべました。
  たくさん気づかされました。できそうなことからやってみたいです。ありがとうございました。

 ◆今年も充実の内容をありがとうございました。わかっているつもりでも身に付いていないことがわかりました。
  今回マルチセンサリーのお話がたくさんあり、特別支援は脳科学だということを
  さらに実感することができました。言語対応はかなりくせに左右されそうなので、
  もしかしたらこちらの方が使いやすいかもと思いました。
  また最先端の情報が伺いたいです。よろしくお願いします。

 ◆初めて参加しました。4時間半あっという間でとても勉強になりました。
  講座を聴きながら「これはあの子だ」「あの子にはこういう支援をしたらいいのか」と
  自分のクラスの子どもたちを思い浮かべて考えることができました。
  不適応行動を起こす子には適切な行動を教えて、できたらほめることが大切だとわかり、
  早速気になる子にやってみたいなと思いました。
  「教師が変われば教室が変わる。教室がかわればあの子が変わる」
  この言葉を信じてもっと勉強したいと思いました。今日は素晴らしい講座をありがとうございました。

 ◆発達アセスメントがいかに大切かわかりました。
  その子に合わせて環境調整、マルチセンサリー、早速週明けから取り組んでみようと思います。
  昨年小嶋先生のCDで元気をいただき、毎日子どもたちに向き合うことができました。
  今年はやってみようというエネルギーがさらにアップできました。
  ありがとうございました。来年も楽しみにしています。

 



■ お申込み

            こちらのフォームから
            または、メール(hari418@agate.plala.or.jp)で針替宗淳までお申込みください。

               件名【小嶋セミナー申込】(お名前)
               @お名前(ふりがな)
               A郵便番号(半角で)
               Bご住所 
               Cお電話番号(半角で)
               Dメールアドレス(半角で)


  ※お申し込まれますとセミナー専用メーリングリスト(ML)に登録させていただき、資料代等、詳しくはセミナー専用MLにてご案内いたします。
   ML登録を希望されない場合、事務局から直接ご案内いたします。不明なことは遠慮なくお問い合わせください。
   お友達同士でお隣に座りたい場合、遠慮無く「お友達席」を希望することをお知らせください。