UMA編

イエティ
ヒマラヤ山脈で目撃される未確認生物。2足歩行をするらしい。寺院には毛皮もあるがヒグマのものという説もある。

イッシー
鹿児島県の池田湖に出現する水生系のUMA。黒いコブのようなものしか目撃されておらず、巨大ウナギ説が有力。

ウモッカ
インドに生息しているらしい怪魚。

エルダーモンスター
アメリカで目撃されたUMA。目撃者は「見た瞬間とても鬱になりました。」と証言し、その後重度の鬱に。行方不明になっている。
とにかく頭が長いUMA。(怖え〜〜・・・)

オゴポゴ
体長は5〜15mほどで、頭はヤギか馬に似ており背中にはコブ、体は緑で斑点があるらしい。、カナダブリティッシュコロンビア州の
オカナガン湖で目撃された。

カエル男
フロリダ州で警官が目撃した謎のUMA。見たまんまカエル人間であり、賞金が懸けられたがまだ見つかっていない。

キャディ
北太平洋に生息するUMA。体長は9〜15m。頭はヤギかウマに似て、背中には突起がある。尾びれは二股に分かれている。

クッシー
北海道屈斜路湖に出現したUMA。ネッシーにちなんで名付けられた。

ケセランパセラン
江戸中期から伝承に出る謎の生物。ふわふわした綿毛状の生物であり、穴が空いた箱に入れておしろいを与えて飼うと幸運になるらしい。

コンガマトー
アフリカで目撃される怪鳥。人を襲うときもある。その姿は翼竜に近い。

シーサーペント
巨大な怪蛇。中世から目撃される。一つの生物の総称ではない。

ジェヴォーダンの獣
オオカミのような風貌で、多くの人を殺戮した怪物。

ジャノ
トルコのヴァン湖で目撃される。体長は推定15〜20m。

スカイフィッシュ
棒状の体にヒレを持ち、空中をくねって飛ぶ。肉眼では観測できず、ビデオの超スローで初めて確認できるらしい。

セルマ
ノルウェーのセヨール湖に出現するUMA。鹿か馬に似た頭を持つ巨大なヘビ。

チャイニーズ・ネッシー
別名テンシー。中国吉林省で目撃された。ワニのような体に犬の顔でツノを生やしている。

チャンプ
アメリカ・ニューヨークの州境のシャンプレーン湖に出たUMA。細長の首に馬の顔。

チュパカブラ
ヤギをしゃぶる者の意味。家畜の血を吸うらしい。

ツチノコ
言わずとしれた日本のUMA。腹がふくれ、高くジャンプするらしい。懸賞までかけられたが未だ見つかっていない。毒があるらしいが、
そう言われるからには誰か噛まれた人がいるのだろうか。

ドーバーデーモン
アメリカで目撃されたトカゲ男。爪が長く身長は120cmくらいといわれる。

ニューネッシー
日本の船、瑞洋丸がニュージーランド沖で発見した腐乱死体。腐敗臭が激しく、海中に投棄された。現在はウバザメ説が有力。

ニンゲン
ヒトガタとも呼ばれる。南極に生息する。船が近づくと海中に潜ってしまう。人間のように、手足や頭があるためこう呼ばれるらしい。
一見すると氷山のようだが近づいていくと分かる。調査団は記録をつけるだけで公にすることはないらしい。
以下の内容がコピペで語られている。この話の発祥地が2ちゃんねるであるため、信憑性は薄いが・・・。

ネッシー
言わずと知れたメキシコ・ネス湖の生物。しかし写真はトリックであることが多い。

ビッグフット
ロッキー山脈で目撃されるUMA。身長は2〜3m。2足歩行。

ヒバゴン
広島県比婆山で目撃された猿型のUMA。背丈は1・5mくらいらしい。

フライング・ヒューマノイド
黒っぽい肌のUMA。空を飛ぶ人間型のUMA

ホラディラ
アマゾン川の奥地に生息するらしい。詳細は不明。

モケーレ・ムベンベ
アフリカ中央部も熱帯雨林に生息するらしいUMA。首長竜説が有力。

モノス
ベネズエラの峡谷、エル・モノ・グランデで目撃された猿人。新種クモザル説が有力。

野人
中国で目撃される巨大な猿人。射殺した等の情報はあるが詳しくは分かっていない。


謎の生物。生物であるかも分かっていない。詳細はおまけから。
                                      戻る