診療内容 of 古畑泌尿器科クリニック 松本市




1) 前立腺がんや膀胱がん、腎臓がんなどの泌尿器科悪性腫瘍(がん)
2) 頻尿や尿失禁などの排尿障害をきたす疾患(前立腺肥大症や過活動膀胱、切迫性・腹圧性尿失禁など)
3) 膀胱炎や尿道炎などの尿路や性器の感染症
4) 腎・尿管結石などの尿路結石症
5) 小児の泌尿器科疾患(停留精巣や亀頭包皮炎など)
6) 包茎の管理、手術治療 
7) 不妊手術(パイプカット)
8) 勃起不全(ED)などの性機能障害
 その他、泌尿器科に関するご相談をお受けいたします。

 このうち、よくみられる泌尿器科疾患や症状について簡単にご説明いたします。

image4.gif

血尿には、検診や人間ドックなどで指摘される「顕微鏡的血尿」と、トイレで赤い尿に気づく「肉眼的血尿」があります。

「顕微鏡的血尿」も血液の量が少ないので見てもわかりませんが、尿に血液が混じっています。「肉眼的血尿」と比べると、治療しなければいけない病気が潜んでいる可能性は低いのですが、そのままにしておくと重大な病気につながることもあり泌尿器科受診が必要です。
これに対し、「肉眼的血尿」は尿路結石症(腎結石や尿管結石など)や膀胱炎、泌尿器のがん(腎臓がん・膀胱がんなど)などの病気が存在している可能性があります。いずれも、血尿をきたす病気をみつけることが必要ですので受診をお勧めします。

image5.gif

頻尿とは排尿の回数が多いことです。通常、1日の尿量は1000~1500mlといわれていますが、1回の排尿量は約200~300mlくらいですので1日の排尿回数は5~7回程度となります。水分を多量に摂れば尿量も増えるので(多尿)、排尿回数も増えてしまいます。糖尿病や尿崩症などの疾患でも多尿による頻尿がみられます。  

夜寝ている間にトイレに起きることがなかった人が、加齢とともに1~2回以上起きるようになります。一般的に高齢の方では、膀胱の筋肉が厚くなり伸びにくくなることでためられる尿量が少なくなったり、尿を出す時に膀胱の収縮が弱くなることで全部の尿が出せなくなり、残尿が多くなって頻尿が出現します。また尿を濃縮するホルモンの低下により、夜間も多量に尿がつくられるようになります。

1日の尿量は多くないのに排尿回数が日中8~9回以上だったり、就寝後に1~2回以上の夜間頻尿がみられる場合は、前立腺肥大症や膀胱炎、過活動膀胱、下部尿路結石、膀胱がんなどの泌尿器科の疾患や、脳梗塞、パーキンソン病などの脳や神経の疾患などによる可能性があります。このような場合は専門医の受診が必要になります。

image6.gif

膀胱炎とは、尿道から大腸菌などの細菌が膀胱に侵入しておこる病気です。圧倒的に女性におこりやすいのですが、その理由は男性に比べて女性の尿道は約4cmと短く、膣や肛門に近いことにあります。このため女性の尿道には常に細菌が侵入していますが、健康な状態であれば膀胱炎を発症することはあまりありません。ところが、過労やストレス、風邪などにより免疫力が低下している時やトイレを長時間がまんしたり水分摂取の少ない生活をしている人では、入ってきた細菌により膀胱粘膜の炎症を起こしてしまいます。
軽症であればトイレが近くなる頻尿や残尿感といった症状が表われます。膀胱に尿が少ししか溜まっていなくても炎症による刺激によって尿意を感じるからです。ひどくなると排尿時に痛みを感じるようになり、さらには膀胱内の炎症部分から出血して血尿が見られることもあります。

治療は抗菌薬などの内服で、1~3日で症状が軽くなり1週間ほどで治ります。薬は4~5日分処方されますが、最初の数日で症状がなくなっても薬の服用はやめないようにしましょう。再発の原因になってしまいます。
膀胱炎の予防は、清潔にすることと水分の補給、疲れをそのままにしないことです。また、局所を不潔にしていると細菌も増えやすくなりますので、入浴をするなど清潔を心がけましょう。

image7.gif

前立腺の内側の組織が肥大して尿道を圧迫することで、排尿障害などを引き起こす起こる病気が前立腺肥大症(良性の病気)です。前立腺がんとは異なり、基本的には生命にかかわることはありませんが、放っておくと尿が全く出なくなり腎不全に至ることもあります。一般的に50歳代で症状が出始め、その後、尿がでにくい、尿の線が細い、トイレの回数が多くなるなどの症状があらわれます。

前立腺肥大症の大きさが軽度の場合や症状が軽い場合は、薬物療法(α1-ブロッカー)が行われます。この薬は非常に良く効く薬ですが、基本的には生涯飲み続けなければなりません。また、前立腺肥大症がさらに大きくなった場合などは効果がみられなくなってきます。この際には手術治療が必要となります。手術治療には、開腹(へその下を5-6cm切開します)して前立腺を摘出する手術と、ループ状の電気メスを装着した内視鏡を尿道内に挿入し、肥大した前立腺組織を尿道粘膜とともに削り取る内視鏡手術があります。肥大した前立腺の大きさなどによって、いづれかの治療法が選択されます。


       
      正常な前立腺                 前立腺肥大症

                         肥大した前立腺により尿道が圧迫され
                         細くなっています。

image8.gif

過活動膀胱とは突然我慢できないほどの強い尿意(尿意切迫感)が起きる状態のことで、通常は頻尿(一般的には1日8回以上、夜間1~2回以上)を伴います。トイレに間に合わなくてもらしてしまうこと(切迫性尿失禁)もあります。以下の4項目のそれぞれの頻度が多い時には過活動膀胱が考えられますが、膀胱炎や膀胱結石、膀胱がん、前立腺がんなど同じような症状を示す疾患もあり、きちんとした診断が必要です。

1) 朝起きた時から寝るまでに何回くらい尿をしましたか?
2) 夜寝てから朝起きるまでに、何回くらい尿をするために起きましたか?
3) 急に尿がしたくなったり、我慢が難しいことがありましたか?
4) 急に尿がしたくなったり、我慢できずに尿をもらすことがありましたか?

image9.gif

尿失禁には、急に我慢できないような強い尿意があってトイレに間に合わない「切迫性尿失禁」と、尿意に関係なく、くしゃみや重いものを持ったりなど力んだ時にもれる「腹圧性尿失禁」などがあります。
男性、女性特有の体の構造の違いに関係して失禁する場合が多いのですが、特に女性には、程度の差はありますが尿失禁を自覚されている方が非常に多いことがわかってきました。しかし専門医を受診される方は1割にも満たないようです。

最近では、尿失禁に対する治療薬や骨盤底筋体操、干渉低周波治療、手術治療など有効な治療法が進歩しており、尿失禁は治る病気になってきています。勇気を出して受診していただき、それぞれの尿失禁に対する治療をお受けになることをお勧めします。

image10.gif

泌尿器の悪性腫瘍(がん)には腎臓がん、腎盂・尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、尿道がん、精巣(睾丸)がんなどがあります。
膀胱がんのように突然、真っ赤な血尿が出現して見つかるがんもありますが、他のがんは、初期ではほとんど無症状です。そこで尿検査や腎臓の超音波検査、PSA採血検査などを受けていただき、がんが疑われた場合はさらに膀胱鏡検査やCT検査(他施設)、前立腺針生検(後述)などの検査をおこなって診断します。がんの早期の時点で治療を受けていただきたいと考えています。 

当院では手術治療を行うことはできませんが、診断後に手術や放射線治療などが必要な患者さんは、すみやかに当該施設にご紹介しております。

     

image121.gif

尿路結石症は、腎臓でできた結石が尿路(尿の通り道)でつまり、尿の流れが妨げられる病気です。結石の多くは腎臓と尿管で発見されます。結石が腎臓にある間は痛みはありませんが、結石が尿管に詰まり、尿の流れがせき止められて腎盂・腎杯・尿管などの尿路が拡張した状態(水腎症)になると、神経を刺激して刺すような強い痛み(疝痛発作)が起こります。また血尿、吐き気、嘔吐、発熱を伴うこともあります。
合併症として、腎臓に細菌感染が起こると発熱することがあり(腎盂腎炎)、同時に両側の尿管に結石が詰まると腎不全になることがあります。これらの合併症は命を脅かすことにもなりかねませんので、直ちに専門医による治療が必要です。

当院では検尿、デジタルレントゲン撮影、腎超音波検査、排泄性尿路造影(DIP)などの検査を行っています。結石の診断(結石の場所や大きさなど)結果から自然排石が可能であるかを判断し、治療方針を決定します。

治療方針
1)4mm以下の結石
   基本的には鎮痛剤などの薬剤を使い、自然排石を待つ保存療法が中心になりますが、あまりに
   発作が頻回に繰り返したり、腎盂腎炎を合併する場合などは体外衝撃波による結石破砕術
   (ESWL)等の治療が必要になることがあります。
2)10mm以上の結石
   この大きさでは自然に排出する可能性は低いので、ESWL(体外衝撃波による結石破砕術)等
   の手術が必要です。
3)5~9mmの結石
   結石に大きさが上記 1)2) の中間にあたる場合、4mm以下の結石と同様にまず保存療法で
   治療しますが、排石まで時間がかかり腎機能障害や腎盂腎炎、疼痛発作が繰り返しおこるな
   ど、日常生活に著しい影響がでる場合は10mm以上の結石と同じくESWL等の手術治療
   ないます。

ESWL(体外衝撃波結石破砕術 ) とは、体外の装置によって造られた衝撃波を結石にむけて集中させて結石を砕く治療法です。砕かれた砂状の結石は、尿と一緒に体外へ排出されやすくなります。