低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!
痩せられる人に変わろう!
Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
痩せられる人に変わろう * 痩せられないタイプ * 痩せられるタイプ * 行動を変えよう

(1)痩せられないタイプ1・・・良い情報を持たず、長続きしない人
このタイプの人は、痩せることにあこがれています。でも、何が良い情報か、良くわからないので自信がありません。自信がないので、少しダイエットをしてみては、止めてしまう。この繰り返しです。減食すればやせられるのになぁと思いつつ、でも、減食しても痩せられるとは限らないし、、、というように、どのようにしたら良いのか迷っているので、長続きしません。

甘いものを食べるのは止めようと思っても、友達にさそわれると断りきれずにケーキやドーナッツを食べてしまう。健康食品を買ったものの、何日か使って、それでおしまい。ちょこっと試してみては諦めて、また、ちょこっと試してみては諦める。そんな感じです。

目標に到達するまでに行動を止めてしまっては、目標に到達することは不可能です。でも、自信がないので、行動を続けることができません。そして、自ら可能性の芽を摘んでしまいます。


(2)痩せられないタイプ2・・・良い情報を持たずにダイエットする人
このタイプの人は、ダイエットに関する正確な情報をほとんど持っていません。食べ過ぎているから太る。だから、痩せるためには食べる量(エネルギー)を減らせば良いと信じています。だから、太ったかなと思ったら、とにかく食べる量を減らします。

このような人にも痩せることができた人はたくさんいますが、それは、たまたま良い結果を得られただけです。ですから、若い頃にダイエットで成功したのに、出産してから同じ方法で痩せようと思っても痩せられない。このようなことは、よくあります。

それでも、諦めずに同じことをトライする。このような人は少なくないはずです。そして、あげくの果てにリバウンドを繰り返したり、生理が止まったりするなど、取り返しのつかないところに進んでいってしまうこともあります。それでも、食べないことが大切ということを信じ続けます。


(3)痩せられないタイプ3・・・良い情報を持っていても行動できない人
このタイプの人は勉強家です。ダイエットの本を買い、テレビを見て、かなり多くの情報を持っています。その中には、役に立たない情報もありますが、役に立つ情報も、それなりに持っていることが少なくありません。

それなのに、心のどこかに不安な気持ちがあり、こうしたら良いということがわかっていても、一般的なダイエット法をしてみたり、流行のサプリメントを試してみたりする程度です。恐る恐る最初の一歩を踏み出すようなところまでは行きますが、やはり、周囲の人と異なる行動をすることができず、時間だけが経過していくという状態が続いています。

このタイプの人たちは、常識破りのダイエット法にはトライしようとしません。そのようなダイエット法があり、多くの人が成功していることも知っています。それでも、どこかに欠点があるのではないか、長期的な安全性は大丈夫なのだろうか、などと迷い続けます。

そして結果として、それまでの生活を続けていき、結果として何も改善が得られません。


(4)困ったタイプ・・・もっともらしい情報で成功の芽を摘む人
このタイプの人は、ダイエットがどうして上手くいかないか、その理由を説明させたら天下一品です。さらに、そのダイエットで注意すべき点についても良く知っています。ですから、周囲の人から見れば、頼りがいのある人に見えるかもしれません。

でも、「私が体脂肪を落とすには、どのようにしたら良いのでしょう。」という問いかけに対して、問題を解決するための答えを持っていないというのが特徴です。

このような人にダイエットの相談をしても、ダイエットに成功しない理由を教えてくれるだけで、どのようにしたらよいか、改善の糸口を見つけることはできません。なぜなら、そのような人は、ダイエットに成功するための情報を持っていないからです。

とはいうものの、相談を持ちかけられたら、そのことに対して無知であることをさらしたくないという見栄があるのかもしれません。

こういう人たちは、他人の貴重な時間を無駄にして、相談した相手に役に立たない知識を与えるだけでなく、ダイエットに対する不安感もあおってしまう厄介な存在です。


次のページへ



痩せられる人に変わろう * 痩せられないタイプ * 痩せられるタイプ * 行動を変えよう