低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!
Slim Forever <Part I>
Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
痩せることができる食事 * 健康的な食事 * 自然な食事 * 入る糖質を減らす * 出るエネルギーを増やす
脂質の役割 * 体脂肪の蓄積 * 体脂肪の分解 * アトキンス・ダイエット * 「低糖質ダイエット」を和食で

◇人類にとって自然な食事とは?
アメリカには、いろいろな「ローカーボ・ダイエット」があります。内容は、それぞれ異なりますが、いずれの方法も、目指すところは人間にとって自然な栄養バランスです。現在、食卓に氾濫している高度に精製された食品や加工食品をできるだけ排除していくことが大切ですが、これは、不自然な食品を避けなさいという「逃げ」の考え方ではなく、できるだけ積極的に、本来、人間の身体が必要としている栄養バランスの食べ物を選びましょうというものです。

私自身は、栄養バランスとしては石器時代〜数百年前、献立としては、できるだけ現代的な食事。そのような食事が理想的なのではないかと思います。

猿の顔を思い浮かべてください。目が正面についていますよね。なぜだかわかりますか?木の上で生活し、木と木の距離を正確に測るために変化してきたものだという説があります。だから、猿にとって自然な食事は、地上だけでなく、木の上にある植物だったと思います。


◇猿が木から降りる
ところが、猿が木から降りてきて人間になると、食生活が大きく変わりました。石器時代には、動物を捕獲するための道具が石で作られていることからわかるように、まだ、農耕を知らない古代人が最も良く食べていたものは、新鮮な肉や魚介類、木の実、果物、豆や穀類など、様々な動植物でした。

そして、人類が農耕を始めてからは穀類の比率が高くなってきましたが、最近までは、それほど精製度の高いものを食べていたわけではありません。特に戦後は、精製された炭水化物や加工食品の氾濫により、短期間で私たちの食生活は大きく変わりました。また、必要以上のエネルギーを摂取できるようになり、子供までが生活習慣病(成人病)になるようになってしまいました。


◇進化のペースに合わせるよう
これは、食生活の変化が早すぎて、人間の身体の中のメカニズムの変化が、その変化に追いついていけなかった結果であると言えるでしょう。しかし、今さら古代人の食事をするわけにはいきません。それでは、どのような食事をしたらよいのでしょうか?

このような急激な食生活の変化の中、できるだけ健康を維持して行くためには、人類の身体の進化に応じた内容の食事をしていくことが、ひとつの方法として考えられます。私は、栄養バランスとしては時代をさかのぼり、献立としては現代の食事から選択するのが合理的だと思います。

栄養バランスがとれて、穀類、精製された炭水化物、加工食品、主食が少ない食事。つまり、様々な動植物から作ったオカズを中心とした食生活に切り換えていけば良いのです。そして、そのような食事を栄養バランス的に表現すると「低糖質な食事」となります。


次のページへ



痩せることができる食事 * 健康的な食事 * 自然な食事 * 入る糖質を減らす * 出るエネルギーを増やす
脂質の役割 * 体脂肪の蓄積 * 体脂肪の分解 * アトキンス・ダイエット * 「低糖質ダイエット」を和食で