低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!
ダイエットを始める前に
Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
低カロリーか低糖質か? * 理屈通りにいかないもの * 最初は誰でも若葉マーク

理屈通りにいかないもの
『アトキンス・ダイエット』は、アメリカで人気のある『低糖質ダイエット』ですが、『低インシュリンダイエット』と同様に、血糖値とインシュリンを低レベルで安定させることによるダイエット法です。この方法の経験者に関する興味深い調査結果があります。アメリカのローパー・スターチという会社が、151人のアトキンス・ダイエッターと、156人の低脂質ダイエッターを対象として行った調査ですが、『アトキンス・ダイエット』の成功率は54%と、低脂質ダイエッターの成功率と比較して高いものになっています。(2000/1)

でも、著者によれば成功率が約100%なのに、民間会社の調査結果では成功率が54%なのは何故でしょう。このことは、ダイエットに成功するかしないかということは、本に書かれている共通ルールだけでは、必ずしも良い結果が得られないということです。


おかれている状況は人それぞれ
当たり前のことですが、身体の状態や、おかれている環境などは人それぞれ。ですから、個人ごとに異なる状況に対する適切なアクションが成功の鍵を握っていると言えます。

まず、私のホームページをルールに忠実に実践し、得られた結果をチェックします。そして、期待される結果が得られていなければ、その原因を解析し、食生活を改善してきます。この方法は、QCの用語では、計画(Plan)、実施(Do)、チェック(Check)、処置(Act)を繰り返すという意味でPDCAサイクルと呼ばれているものです。

例えば、仕事で精神的にしんどい時、思ったようにはかどらない時、何が原因なんだろうと考えた時、計画の部分が弱い場合が多いと思います。仕事のPDCAサイクル(Plan, Do, Check, Act)の部分では、Planをしっかりさせることが成功への近道です。最初にトライする共通ルールはPlanの初期値のようなものです。


人間は機械ではありません
このPlanの部分の何をチェックしていけば良いか?ということですが、工場でいえば、Man, Machine, Material, Method。つまり、人、機械、原料、方法です。これに時間軸などが組み合わさってきます。これをダイエットに当てはめると、あなた自身が何を、どのようなタイミングで食べているかどうか?知らないうちにルール違反をしていないかどうか?などということになります。

このように栄養生化学なバックグラウンドや、統計学的な手法を活用しても問題を解決できないことも少なくありません。それは、人間は機械ではないからです。栄養(原料)だけで全てを語ることはできません。


次のページへ



低カロリーか低糖質か? * 理屈通りにいかないもの * 最初は誰でも若葉マーク