低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!
低糖質食品写真館
Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
基本パターン * 牛肉の料理 * 豚肉の料理 * 鶏肉の料理 * ひき肉の料理 * 魚、スープ、鍋 * 野菜、豆腐など * 手作りパン
デザート *飲み物 * チョコレート * お菓子、間食 * 甘味料

14粒のアーモンド
低炭水化物ダイエットの間食にアーモンド

低糖質ダイエットの間食の代表選手のひとつがアーモンド。昼食を軽めにとって、夕食前の早い時間に空腹感が来てしまいそうなときなど、5時頃にアーモンドでひと息つくのもいいものです。

そのようなときに気になるのがアーモンドの適量。写真のアーモンドの表示によれば、アーモンド1粒の重量が1g。28粒の炭水化物が5g(食物繊維が3g、糖質が2g)です。ということは、14粒で糖質1g。

美味しくて手頃なサイズの容器入り、というものは一般のスーパーでは見つかりにくいと思いますので、輸入食品を扱っているお店を探してみると良いと思います。




ピーカン
ピーカン

ナッツ類で炭水化物が極端に少なくて脂質が豊富なものといえばクルミですが、同じクルミ科のピーカンはなかなかの美味しさです。

私とピーカンの出会いは昨年末。手作りランチの会に誘われたとき、食後のデザートとして出てきたのがピーカンパイでした。アメリカのスイーツは少量でも甘さがドカーン!という感じのものが多いんですが、甘さと香ばしさのバランスが良く、病みつきになってしまいそうな感じでした。

Pecan pie・・・Wikipedia(英文解説と写真付き)

その後、ピーカンパイは食べていませんが、ピーカンミックスナッツを時々食べています。

ピーカン入りのミックスナッツ。ネットでのお買い求めは・・・楽天市場でどうぞ。



ハーゲンダッツ バターピーカン ハーゲンダッツ バターピーカン
インダクションからオンゴーイングに移行するとき、今までより多めの糖質を摂ることができるようになります。

例えば、10gの糖質を何から摂ることができるか考えてみると、、、
 野菜・・・たくさん。 パン・・・少々。 アイスクリーム・・・約50g。
写真のアイスクリームの場合、106g当たりの炭水化物は21gです。

あなたにとって、一番満足感が大きいのはどれでしょう?

栄養バランスがとれて健康的な選択は、いろいろな野菜をたくさん摂ることですが、私はオンゴーイングでアイスクリームも積極的に活用しました。ダイエットに満足感は大切なことです。

ハーゲンダッツのアイスクリーム。ネットでのお買い求めは・・・楽天市場でどうぞ。


スナックキャロット
スナックキャロット

アメリカの空港のラウンジでボーっとしていたら、近くで"ポリッ、ポリッ"という、漬け物を食べているような音が聞こえてきました。

オニギリと漬け物でも食べている日本人がいるのだろうかと思いましたが、目の青いお年寄りが、小さなニンジンをつまんでいました。

これは美味しいかもしれないと思い、私もひと袋トライ。

軽くビールを飲みながら"ポリッ、ポリッ"。

塩もマヨネーズも無しでそのままというのが爽やかな感じでした。




セロリ セロリ
海外の短期出張は、時差ボケ、寝不足、疲労の中、限られた時間での仕事と移動。

そのような状況で、空いた時間にサッと取れる安心な食べ物に出会うとホッとします。

こちらはセロリとドレッシングのセットです。

新鮮さは今ひとつでしたが、外食が続く出張では貴重な生野菜。

このような感じで、新鮮なセロリを普段の食生活で活用できたら良いかもしれません。




野菜スティック
野菜スティック

飛行機の乗り継ぎ待ちの間、空港のラウンジで野菜スティックを食べてみました。

セロリやニンジンが予想以上に美味しく、爽やかな幸福感にひたってしまいました。

特に高級なセロリやニンジンではないし、安いジャンクフードより高いとも思えないし、それなら、食生活のレギュラーメンバーにすればいいのに、、、と思いますが、野菜を食べないと、、、と思って食べる野菜よりも、気が向いたときにつまむ野菜の方が美味しいんでしょうね。

写真をよく見ると、お皿が2枚重なっています。

ウサギみたいな人と思われたかもしれません。


ピクルス
ピクルス

ステーキ用のリブアイとお刺身用のサーモンを買いに行くためにコストコに行ってきましたが、ふと目にとまったのがピクルス。

ハーフガロン(約2リットル)のガラス瓶にぎゅうぎゅう詰めのピクルスが約500円。キュウリ1本当たりの炭水化物は1gです。

ピクルスというとハンバーガーに挟まってでてくるイメージですが、ピクルスだけを間食として使うこともできます。

小さい瓶に移し、冷蔵庫で冷やしておくと便利です。






韓国海苔
低炭水化物ダイエットの間食に韓国海苔

ダイエット中に口が寂しくなったとき、甘いものを口にすれば満足するというわけではありません。もしかしたら、塩分やミネラルが不足しているかもしれないな、と思って、海苔をつまんでみるのも選択肢のひとつです。

スーパーでもいろいろな製品が売られていますが、海苔の香り、新鮮なごま油の風味のバランスが物足りないものも少なくありません。ごま油は酸化して風味が変化しやすいものですので、缶入りというのが、ひとつのポイントになってきます。

缶入りですと安くはありませんが、ダイエットを楽しく続けていくためには、本当に美味しい食品の選択肢を増やしていくことが役に立ちます。どのようなものが容易に入手できるか、楽天市場で確認してみてください。




ソーセージバイツ
低炭水化物ダイエットの間食にソーセージバイツ

1日に3食とるのは基本ですが、ずっと家にいる週末のように、2食+間食程度でつないでおいた方が良いときもあります。

そのような時に利用できる低糖質なものとして日本ではスルメやベビーサラミがありますし、アメリカにも写真のようなベビーサラミのようなものがあります。

このようなものを食べるとビールが欲しくなるかもしれませんが、お茶との組合せで我慢しておきましょう。

栄養バランスが心配な方はマルチビタミンを一緒にとっても構いませんし、他の2食で野菜をたっぷりとるようにするのも良いと思います。

ベビーサラミ・・・ネットでのご購入は、楽天市場へどうぞ。




おからサブレ
おからサブレ

低糖質ダイエットというと、小麦粉系のスナック菓子とは絶縁状態に近くなりますが、その代替品として使用できるのが「おからサブレ」です。写真の製品は、国産おから、福島県産小麦粉、無縁よつ葉バター、オーガニックレーズン、圧搾菜種油(ヘキサンなどの有機溶剤を使用しないで作った菜種油)、粗製糖、天然酵母を原料としたサブレです。

レーズン(左の写真)は、ひと口サイズのものが1袋に50g入っていて、炭水化物が22.2g、食物繊維が4.5g、173kcalです。ノンシュガータイプなど、いろいろとあります。

・・・ネットでのご購入は、1995年創業 おからクッキー専門の老舗「おからはうす」へどうぞ。

ホームページ読者からのプレゼントです。どうもありがとうございました。


カラムーチョタブレット

インダクションで甘いものが欲しくなった時に役立つのがピンキーです。甘味料に糖アルコールも使用していますが、小粒なので食べ過ぎる心配がありません。

写真はピンキーと同じフレンテが発売しているカラムーチョタブレットです。口に入れるとパイナップルの甘さが広がりますが、それとともに唐辛子のピリッとした感じもジワリジワリとしてきます。

唐辛子の辛さが、食べ過ぎると危ないと教えてくれますので、そういう意味では画期的な商品かもしれません。

スナック菓子のカラムーチョと異なり、塩辛さはありませんし、パッケージのデザインから感じるほどの辛さもありませんので、あまり恐れずに試してみると良いと思います。


こんにゃくチップ

低糖質ダイエットに限らず、多くのダイエッターが活用できる素材がコンニャク。そのコンニャクをスナック菓子にしてしまったので、こんにゃくチップです。

いろいろな種類が出ていますので、まず、数種類を少しずつ購入できるお店を楽天市場で、探してみるのも良いと思います。
ハーシー 1Gram Sugar Carb
糖質がわずか1gのチョコレート

アメリカではアドバンテージバーのようなキャンディーバーがポピュラーですが、日本人にとっては、やはり板チョコのようなものが馴染みやすいと思います。

ハーシー 1Gram Sugar Carbは、日本の低糖質ダイエッターにとってピッタリの製品です。見た目も味もチョコレートそのもの。ズッシリと来る甘さは、アメリカのチョコレート!という感じです。日本人でしたら、数回に分けて食べても満足できると思います。

アメリカの空港で偶然見つけたものです。


アドバンテージバー
アトキンス アドバンテージバー

アドバンテージバーは、アトキンスセンターの代表的な製品です。

ズッシリと重いカロリーメイトというイメージ。日本人でしたら、数回に分けて食べても満足できると思います。

60gに含まれる炭水化物は2〜3g。血糖への影響は無視できるレベルと書いてありますが。。。食べすぎには注意した方が無難だと思います。




エンダルジ
アトキンス エンダルジ(カップ)

アドバンテージバーのようなバータイプのチョコレート(キャンディバー)はアメリカではポピュラーなものですが、日本での人気は今ひとつです。でも、エンダルジのようなタイプでしたら親しみやすいと思います。これも、アトキンスの製品です。

口に入れるとトロリと溶けてくる生チョコのような感触。そして、アメリカ人でも納得がいく甘さです。

アドバンテージバーとエンダルジの満足感を比較すると、チロルチョコとデパ地下で売っているトリュフぐらいの差があると思います。あくまでも、個人的な印象ですが・・・。




するめ(糖質0g)

日本の代表的なおつまみ。これなら、どこでも購入することができます。写真はトップバリュのちぎり剣先するめ。原材料は剣先するめだけで調味料も保存料も使用していません。(写真は古いものです。今は新しいパッケージになっています)

ひと袋で90g。似たような製品と比較して、かなり多い方だと思います。気になる糖質は10g当たり0.0gです。

トップバリュ製品のお買い求めはお近くのジャスコ、マックスバリュへ!





大豆と昆布(糖質7.3g)

これも、日本の代表的なおつまみです。トップバリュの「大豆と昆布」や、この製品の付近に置かれているものは、糖質の表示があり、オンゴーイング以降の間食に使えそうなものがあります。

「大豆と昆布」は1袋50gあたりの糖質が7.5g。これなら、ひと袋食べてしまっても、大きな違反になることはないでしょう。脂質が7.1g、食物繊維が9.9gです。(写真は古いものです。今は新しいパッケージになっています)

トップバリュ製品のお買い求めはお近くのジャスコ、マックスバリュへ!

ポークスキン
ポークスキン

ポークスキンに味付けをしてディープフライしたスナックで、ラテンアメリカなどでポピュラーなスナック菓子です。

製品の表示(Nutrition Facts)では炭水化物ゼロ。ポテトチップスのような感じで食べることができます。

ただ、小さな粒々が口の中に残るような感じがある製品もありますので、冷たいソフトドリンクを飲みながら食べるのが無難かもしれません。

そのソフトドリンクがノンカロリーなら、低糖質ダイエット用の間食として、安心して使うことができます。





基本パターン * 牛肉の料理 * 豚肉の料理 * 鶏肉の料理 * ひき肉の料理 * 魚、スープ、鍋 * 野菜、豆腐など * 手作りパン
デザート *飲み物 * チョコレート * お菓子、間食 * 甘味料