低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!
低糖質食品写真館
Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
基本パターン * 牛肉の料理 * 豚肉の料理 * 鶏肉の料理 * ひき肉の料理 * 魚、スープ、鍋 * 野菜、豆腐など * 手作りパン
デザート *飲み物 * チョコレート * お菓子、間食 * 甘味料

BBSやメールでお問合せの多いノンカロリー甘味料、低カロリー甘味料について簡単に紹介します。ダイエット甘味料は多数発売されていますが、特に、低糖質ダイエットに役立つものを厳選しました。


@スクラロース(ノンカロリー甘味料)
スクラロースは砂糖の構造の一部を変えた物質です。甘さは砂糖の600倍、砂糖と比較すると、甘さの後引きがわずかに少ない程度。味は砂糖とよく似ています。また、アスパルテームの欠点であった熱や酸に対する安定性もあり理想的なノンカロリー甘味料です。食品業界では以前から活用されており、清涼飲料水の成分表示で見たことがある方も多いと思います。最近は、家庭用のノンカロリー甘味料にも使われるようになってきました。

このスクラロースは新しい甘味料。食品業界向けにスクラロースを取扱っている「三栄源エフエフアイ」という会社のホームページで詳しく知ることができます。


◇代表的な製品(1)・・・Splenda
国内では一般用に販売されていませんが、アメリカやカナダではSplendaという製品名で一般用に販売されています。アドバンテージバー(アトキンスニュートリション)の甘味料も、アスパルテームからスクラロースに切り替わったことから、アメリカのアトキンスダイエッターの中でも人気の商品です。

砂糖小匙一杯に相当するSplendaの量は小匙一杯。砂糖と同じ量を使用すれば、同じような甘さになるようにできていて便利です。


◇代表的な製品(2)・・・シュガーカット顆粒ゼロ、エリスリム
日本では、「浅田飴」からスクラロースを使用した甘味料が発売されています。「シュガーカットゼロ」と「エリスリム」です。

いずれも、エリスリトール:99.68%、スクラロース:0.32%で、厚生労働省許可特別用途食品です。特長は「浅田飴」のホームページの「製品情報」をご覧ください。

おすすめしたい方は、エネルギー(カロリー)摂取制限を必要とする肥満症や糖尿病の方。カロリーが0kcalなので、カロリーの計算が必要な方におすすめします。とのことです。


Aアスパルテーム(ノンカロリー甘味料)
アスパルテームは味の素が製造特許を取得し、パルスイートという登録商標で販売されており、日本ではノンカロリー甘味料の代表的な存在です。甘さは砂糖の150倍ですが、味覚に敏感な日本人にとっては伝統的ではない甘さであったため、ダイエットコークの発売当初は苦戦していたようです。

もう一つの欠点はアスパルテームが添加物として不安定であるという点です。コーラをはじめとした清涼飲料のほとんどは酸性。このような条件下では容易に加水分解され、甘みを示さなくなります。賞味期限が近づいたダイエット・コーラの味がよくないのは、この安定性の短さが原因です。

また、ノンカロリーであるものの血糖値への影響はあるようですので、低糖質ダイエットをする場合には、コーヒーと同様に、避けることができたら避けた方が無難だと思います。


B糖アルコール
糖アルコールとは糖を還元し、末端をアルコールに変化させた化合物の総称です。消化をつかさどる酵素は分子のちょっとした構造変化に対して敏感で、元の糖は分解できても還元物である糖アルコールを分解することはできませんので、糖アルコールは糖より低エネルギーです。

低糖質ダイエットとの相性については情報が少ないのですが、大腸に糖アルコールが多量に流れ込むと、大腸本来の役割である水の吸収が阻害されてしまいます。その結果、本来は汗か尿となるはずの水分が大便にまわってしまいます。便秘の解消には役立つかもしれません。

糖アルコールは基本的には低カロリー甘味料でありノンカロリーではありませんが、吸収が遅いため、減量後の体重の維持には活用できるでしょう。

◇エリスリトール(ノンカロリー甘味料)
その他の糖アルコールが低カロリーであるのに対し、このエリスリトールだけはノンカロリー甘味料として認められています。エリスリトールは、天然に比較的多く存在する糖アルコールで、例えば梨に多く含まれています。梨狩りに行って梨を大量に食べたあと、信じられないような下痢を経験した方も少なくないのでは?

◇その他の糖アルコール(低カロリー甘味料)
エリスリトールの他には、ソルビトール、マルチトール(還元麦芽糖)、キシリトールなどがあります。いずれも、砂糖と同等〜半分程度の甘さがあり、そのエネルギーも砂糖と同等〜半分ほどです。

ソルビトールは海藻などに含まれており、甘さ当たりのエネルギーは砂糖と同等です。製菓業界で広く使用されているとともに、その保湿作用から、しっとりとした食感を出すための保湿剤として、おにぎりなどにも使用されています。

マルチトールは水飴の主成分である麦芽糖を還元したもので、天然には存在しません。甘さ当たりのエネルギーが砂糖より小さく、味も悪くないので、ノンシュガー食品に活用されています。

キシリトールはガムやキャンディーに活用されている甘味料です。甘さ当たりのエネルギーは砂糖より小さく、血糖値を上げないということで、糖尿病患者の食事などで使用されてきた経歴があります。

この他にも様々な糖アルコールがあり、食品業界で使用されています。


基本パターン * 牛肉の料理 * 豚肉の料理 * 鶏肉の料理 * ひき肉の料理 * 魚、スープ、鍋 * 野菜、豆腐など * 手作りパン
デザート *飲み物 * チョコレート * お菓子、間食 * 甘味料