低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!

Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
皮膚の劣化のメカニズム * ハリを回復させるポイント * コラーゲン、エラスチンの補給 * 抗酸化物質の補給
紫外線対策 * 質の高い睡眠のために * お肌のための栄養チェック

たんぱく質の合成が盛んに行われるのは就寝中です。お肌や筋肉の修復は、眠っている間に盛んに行われます。ですから、良質な睡眠が大切です。

◇睡眠に大切なメラトニン
年齢とともに睡眠の質は低下していきます。しっかり眠ったはずなのに、お肌の回復が今ひとつ、、、と思うようになったら、加齢とともに減少していく生体内成分に注意。コエンザイムQ10のように、睡眠に大切なメラトニンも年齢とともに減少していきます。ともに、お肌に大切なものですね。

メラトニンが有名になったのは、時差ぼけの解消に役立つサプリメントとしてです。国際線に搭乗する乗務員を対照に行われた試験結果は有名です。時差ぼけを解消し、目的地に到着した日から快適な睡眠。メラトニンの第一印象は、そのようなものでした。

◇時差はなくても
メラトニンは脳の中の松果体で作られ、睡眠を作り出す物質です。最近では、時差ぼけに限らず、睡眠不足の解消に活用されるようになり、暑くて寝苦しい夜、昼間の出来事が気になる夜などに活用する方も増えてきました。また、高齢者の方や、不本意な早起きをしてしまう方にもぴったりです。

◇光でコントロール
夜になると脳の中でメラトニンが放出され眠りがやってきます。また、朝になるとメラトニンの量が減って眠りから覚めます。このメラトニンの量が適切に調節されていないと、私たちは質の高い眠りを得ることができません。高齢者の方、寝る直前までテレビを見ている方などは、メラトニンの量が不十分になりがちです。

メラトニンはサプリメントとして有名ですが、私たちの体内で作られるメラトニンの量を、部屋の照明などを上手にコントロールの調節で高めることができます。寝る前の数時間は、部屋の照明を少し暗くし、テレビやパソコンも控えましょう。このようにすることにより、メラトニンの分泌がスムーズになります。

※2001年3月に厚生労働省から公表された食薬区分のリストでは、メラトニンは医薬品に分類されています。使用につきましては医師の指示に従ってください。寝る直前までテレビを見ることは避ける、寝る直前は部屋の照明を少し暗くするなど、あなた自身のメラトニンの分泌を妨げないような工夫をして睡眠の質を高めることも大切です。

◇快適な枕を選びましょう
    
快適な睡眠には、あなたにぴったりの寝具を選ぶことも大切です。ベッドや敷き布団の固さ、掛け布団の重さ、パジャマの伸縮性や吸汗性や伸縮性など、いろいろとありますが、良い枕を選ぶことも大切です。

テンピュールの枕のことなら楽天市場へどうぞ。



次のページへ



皮膚の劣化のメカニズム * ハリを回復させるポイント * コラーゲン、エラスチンの補給 * 抗酸化物質の補給
紫外線対策 * 質の高い睡眠のために * お肌のための栄養チェック