低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!

Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
皮膚の劣化のメカニズム * ハリを回復させるポイント * コラーゲン、エラスチンの補給 * 抗酸化物質の補給
紫外線対策 * 質の高い睡眠のために * お肌のための栄養チェック

お肌を痛めつける代表的な外敵が「紫外線」です。このあたりのことは、私よりも読者の皆様の方が詳しいと思いますが、「紫外線」に関する基本的なことを復習してみましょう。
 
◇紫外線の種類と日焼け
 
長波長の紫外線A(UVA, 320-400nm)
生体に対して皮膚の黒化(サンタンsuntan)を引き起こし、長期に暴露されると皮膚の老化を引き起こします。このサンタンを防止する指標としてPA(Protection grade of UVA)があります。
 
中波長の紫外線B(UVB, 290-320nm)
生体に対していわゆる日焼け(サンバーンsunburn)を引き起こします。このサンバーンを防止する指標としてSPF(SunProtection Factor)があります。
 
◇指標と実際のズレについて
 
製品の紫外線防止効果を測定する際の試料塗布量は1平方センチメートル当たり2mg。実際に使用する量よりかなり過剰です。さらに持続性についても国によって基準が異なります。
 
日焼け止め製品を使用する際は、このようなことを考慮した上で紫外線防止効果表示をチェックして、上手に利用して下さい。
 
◇気温と紫外線の量のズレについて
 
紫外線の量は、太陽のからの照射角度のによって日内変動と季節変動がもあります。1日で太陽が1番高い位置にあるのがお昼前後。年間では夏至の前後です。気温に惑わされることなく、例えば、春分の日から秋分の日まではサンタンやサンバーンを防止する製品を活用するなどするとよいでしょう。
 
また、屋外でどのような事をどれくらいの時間行うかによってお肌が受ける紫外線の量が異なってきます。したがって、ライフスタイルも考えて、帽子や手袋なども活用しながら紫外線を受ける量を減らして行く工夫も大切です。


次のページへ



皮膚の劣化のメカニズム * ハリを回復させるポイント * コラーゲン、エラスチンの補給 * 抗酸化物質の補給
紫外線対策 * 質の高い睡眠のために * お肌のための栄養チェック