低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!

Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
皮膚の劣化のメカニズム * ハリを回復させるポイント * コラーゲン、エラスチンの補給 * 抗酸化物質の補給
紫外線対策 * 質の高い睡眠のために * お肌のための栄養チェック

細胞と細胞をつないで皮膚の構造をしっかりさせるコラーゲンとエラスチンは、美しいお肌づくりに特に重要な栄養素です。コラーゲンやエラスチンを多く含む食べ物を毎日とるのは大変です。食事の工夫をしながらサプリメントを活用するとよいでしょう。
 
◇皮膚の構造をしっかりさせるコラーゲンとエラスチン
皮膚の組織は水分以外の70%がコラーゲン。コラーゲンはエラスチンとともに皮膚の構造をつくるタンパク質です。コラーゲンとエラスチンが劣化すると、酸素や栄養を補給したり老廃物を排泄したりする道が狭くなり、皮膚はみずみずしさを失ってしまいます。
 
対策としては、劣化したものに置き換わるだけのコラーゲンやエラスチンが必要です。1日に必要なコラーゲンは、1日当たり約5gですが、特に寝る前に補給するとよいといわれています。筋肉の約3割がコラーゲンですので、肉や魚を十分に摂るSlim Foreverの「低糖質ダイエット」の食事をしていれば問題ありません。
 
コラーゲンは魚などを煮込んだ時にできる煮こごりにたくさん含まれています。動物の軟骨などにも多く含まれる物質ですが、皮膚には皮膚のコラーゲンがよいといわれています。
 
◇コラーゲンとエラスチンを多く含む食べ物
コラーゲンとエラスチン、イオウをともに摂るためには肉や魚がいいでしょう。コラーゲンとエラスチンは皮、すじ、軟骨から多く摂ることができます。また、イオウはタンパク質からとることができます。したがって、両方を同時に摂ることができる食べ物としては、鶏の手羽先、魚、牛すじ肉などがあげられます。
 
◇コラーゲンやエラスチンを摂るための料理
牛すじ肉、手羽先、軟骨、魚の料理は数多くありますが、その中でも糖質が低く、アトキンス式などの低糖質ダイエットに活用できる料理の一例を紹介します。皮膚には皮膚のコラーゲンが良いという話もありますので、手羽先のスープや煮魚をおすすめします。
 
   手羽先の料理: スープ、塩焼き、唐揚げ
 
   魚の料理: 煮魚、あらだき、潮汁(身と皮の両方を含む料理なら構いません。)
 
   軟骨の料理: 軟骨の唐揚げ、テールのスープ
 
   牛すじ肉の料理: すじダイコン、おでん(ゆで卵、ダイコン、豆腐、コンニャクなどと。)
コラーゲンは水溶性です。油分が嫌いな方は、スープに浮く油分を取ってもOK。コラーゲンはスープにしっかり残っています。


次のページへ



皮膚の劣化のメカニズム * ハリを回復させるポイント * コラーゲン、エラスチンの補給 * 抗酸化物質の補給
紫外線対策 * 質の高い睡眠のために * お肌のための栄養チェック