低糖質ダイエットと健康づくりの・・・Good Health!
ダイエットの目標
Good Health!の表紙へ

日本最大級ショッピングサイト!
お買い物なら楽天市場
太りすぎの基準 * 痩せるだけでいいの? * ダイエットの次の目標は? * 明るい未来に向けて

目標に向けて・・・
それでは、余分な体脂肪を落とし、その状態を維持するために、あなたは何をしたら良いのでしょうか?

それは、今、あなたが食べているものの中から、摂り過ぎているものを減らし、不足しているものを増やすことです。では、何を減らし、何を増やしたら良いのでしょうか?

それは、その人の食生活によって異なります。

何を減らし、何を増やしていったら良いのかということについては後で説明しますが、それが具体的に何なのかということは人によって異なります。ですから、何をどれだけ減らし、何をどれだけ増やしていったらよいのか?このことを自分自身で調べ、摂り過ぎのものを減らし、不足しているものを増やすというコントロールができるようになっていく必要があります。

このような能力は、すぐに身につくことではありません。でも、このことを避けて通っては、いつまで経っても、自分自身の体脂肪を上手にコントロールすることができません。最初は誰でも初心者です。ですから、失敗することも少なくありません。でも、目標の達成に向けて、体脂肪を上手にコントロールする方法を身につけていき、腕前を上達させていくことは大切なことです。

↑これがあなたの能力開発目標です↑

そして、食事を上手にコントロールしていった結果、贅肉(余分な体脂肪)を落とし、理想的なプロポーションを維持するとともに、生活習慣病になりにくい健康な状態を維持していく。

↑これがあなたの業務目標です↑


ダイエットの次の目標は?
例えば、あなたがBMI=22、体脂肪率=20%になったとします。あなたの目標がダイエットだけだった場合、多くのサラリーマンが60歳で定年退職を迎えたあと、燃え尽きてしまって途方に暮れるのと同じような状況が待っています。そして、気がついたら、元通りに色々なものをパクパク。そして、リバウンド・・・。

このようなことがないように、ダイエットを始める前から、その先のことまで考えはじめることをオススメします。

あなたがダイエットをしようと思った動機は何でしょうか?別に、誰にも言う必要はありませんが、あなたの心をダイエットに動かした何かがあるはずです。そして、痩せて、こんな風に変わりたいということを感じたにちがいありません。だから、どのようなイメージのあなたに変わりたいか、自分自身で描くことはそれほど難しいことではないと思います。

痩せるのは、あくまでも通過地点。痩せて、それから、どうなりたいのか?あなたの胸のうちには、きっと何かがあるはずです。このことを、しっかりとイメージしてください。ダイエットが痩せることで終わらないように。ダイエットをして、さらに、あなた自身の生活が、よりよいものに変わっていくためにも、このイメージは大切です。

でも、痩せたからといっても、あなたの行動が変わらなければ、きっと何も変わらないと思います。痩せることができて、前向きに、積極的に、明るく思い通りに行動できるようになってはじめて、あなた自身を取り巻く世界が変わってくるというものです。

痩せてからのイメージは、静的なものでなく、ぜひ、動的なイメージを作っていただきたいと思います。食べるという行動を変えて痩せることができる。そして、さらに、行動を変えて行くことによって、あなた自身の人生が変わってきます。


次のページへ



太りすぎの基準 * 痩せるだけでいいの? * ダイエットの次の目標は? * 明るい未来に向けて