『月の科学』の内部構造図


某所で話題になっていたので、『月の科学』(岩波書店・1984)P159の図を引用。

注・高橋氏から図を提供されたわけではありません。
それから、言うまでもなく僕は高橋氏ではありません。

山本弘氏は『トンデモ本の世界』で、『月の謎とノアの大洪水』の図はこの図が元だが、読者に知られては困る震源地は消されているとツッコミを入れている(P244)。
下図が、その『月の謎とノアの大洪水』(学研・1994)P213の図である。
作為を感じるのは山本氏だけではあるまい。