大真実裁判の経過


日付け 原告側文書 被告側文書
1998.8.21 仮処分審尋1 発売等差止仮処分命令申立書
甲一〜六号証
答弁書
乙一〜三号証
10.5 仮処分審尋2
本訴口頭弁論1
(仮処分)準備書面(一)、甲七号証
訴状

答弁書
11.9 仮処分審尋3

本訴口頭弁論2
(仮処分)準備書面(二)、甲八(?)〜
一一号証
準備書面(一)
11.26 仮処分決定
12.3 本訴口頭弁論3 (当日)甲一二、一三号証、
準備書面(二)(?)
被告第一準備書面
1999.1.29 本訴口頭弁論4 準備書面(三)
3.26 本訴口頭弁論結審 準備書面(四)
甲一四〜二七号証
(当日)準備書面(五)
被告第二準備書面
5.17 判決言渡


平成一〇年(ヨ)第四〇号 発行等差止仮処分命令申立事件
(11月26日却下)

平成一〇年(ワ)第一五五号 発売禁止等請求事件
(5月17日、原告側敗訴)

水戸地方裁判所竜ケ崎支部



(注)
裁判は、まず訴状と答弁書が提出された後、原告側と被告側が順番に文書を裁判所に提出する流れになる。口頭弁論では、主にその文書を確認(陳述)する。
12月3日の第3回口頭弁論での原告側文書は、この流れに反している。
「〜号証」とあるのは、証拠資料である。



INDEX