レストプランク

弦の張力を支える要ともいえる部材だけに、乾燥や木取りには気をつかう。また、張力による変形を見込んでわずかにねじれをもたせている。
ピンの穴は、ナットピンまで打って最後にひとつずつ弦との角度を測りながらあける方法もあるが、それだと普通のボール盤が使えず穴あけの精度が保てないので、私はあらかじめあける方法をとっている。
(写真を撮らないうちにつぎの工程に進んでしまった。)