Monk's Clavichortd

1600年頃にイタリアの修道士が作ったとされる楽器をもとに最小限のアレンジで製作しました。
小型で装飾的要素の少ない簡素な作りですが、独特の柔らかく開放的な響きを持っています。オリジナルは、弦にあたるタンジェントの先端を革で包んであるので、さらに柔らかい響きであったと思われます。また鍵盤蓋の内側には"spinetto celeste"(天上のスピネット)と手書きされています。
1600年頃という製作年代が確かとすれは、17世紀クラヴィコードの特徴: 斜めに張った弦、フレッティング・システムがdiatonically frettedであること、を備えた楽器としては最初期の楽器ということになりますが、製作年代は17世紀中と考えるのが妥当と思われます。

This instrument based on a clavichord made by a monk of Italian monastery in c. 1600. It is small and simple-made, however, considering made in c. 1600, it has advanced structure: diagonal stringing and diatonically fretted. The inside of the lid has the handwritten inscription "spinetto celeste".
The sound is soft and open. Most suitable for Cabezon and Frescobaldi.

この楽器の製作の経緯はこちらで紹介しています。
I wrote on my weblog how it started. (Japanese language)

最低音の5音を巻線に替えました
replaced strings of lowest five note: C/E, D/F#, E/G#, F, G with wound strings(April 2012)


Giovanni Gabrieli: Canzon No.4 performed by Kazutaka Tsutsui

Antonio de Cabezon: Diferencias sobre el canto Ilano del Caballero performed by Kazutaka Tsutsui

Pachelbel: Arietta in F Major performed by Kazutaka Tsutsui at International Clavichord Sympsium 2013, Magnano, Italy

Homepage