ADELE
アデール

PROFILE

 

DISCS

Je ne veux plus d'accordeon <FRANCE EP BARCLAY 71.030M>
side A1.Je ne veux plus d'accordeon
side A2.Et la la la la la
side B1.J'ai peur parfois
side B2.C'est bon

12弦ギターを手にきりりとした眼差しの女の子はビートニク・ムーヴメントの申し子か。
そのちょっぴりサイケでフォーキーなサウンドからも凛とした姿勢がうかがえる。
4曲中A1以外彼女の作品。
A1B2はフレンチポップのオムニバス
CDFemmes de Parisvol.1収録で、B1Femmes de Parisvol.2SWINGING MADEMOISELLE』収録。
しかし問題なのは収録されている曲のアレンジが異なること。
A1EP
Femmes de Parisvol.1、『SWINGING〜』とも全て同じだが、B1は『SWINGING〜』に収録されているものはEPのものと同じで、Femmes de Parisvol.2には異なるアレンジのものが収録されている。
具体的に言うとEPはハープシコードが控えめながら疾走しているようなサウンドで、
Femmes de Parisvol.2の方はハープシコードのパートがオルガンに置き換えられ、さらにタンバリンの音などが追加され音に厚みが増されている。
またB2EP
Femmes de Parisvol.1でアレンジが異なり、EPでは全面に出ているオルガンの音がFemmes de Parisvol.1では抑えられ、その分ギターが全面に押し出されている。
Femmes de Paris』の内ジャケット記載されているレコードジャケットは左上のEPと同じなので、想像するにCD収録にあたり持ってきたマスターテープに異なるアレンジが入っていたのではと思うのだがどうだろうか?


 

HOME