いろんなX−1



Camera Image

X−1のタイプには AEファインダー付に代表される最初に出された前期タイプと、 前期に対してニューX−1と呼ばれAESファインダー付の後期タイプがあります。 また混成時期の中期も存在し、またファインダーは交換できますのでファインダーのタイプだけでは判断できません。 上カバー、底板、電池ホルダー、ボディ内の遮光板も変更時期が定かではない上、修理などで後日変えられている場合もあり ます。収集していくうちにいろんなX−1に出会いますがそれがまた楽しみです。