阿部昇司5つの公約
公約食の安全・安心 [農林水産業]

  〜環境・資源の保全と人材育成・基盤づくり
 食糧基地としての鶴岡は日本を代表する地域です。代々受け継がれた豊かな山・川・海。この自然の恵みを次世代に守り育んでいくことは、循環型の良質な農林水産物を生産する仕組みとして最も重要です。
 多様な経営展開を支援し、更なる農林水産業の振興を図るため、担い手の育成と基盤づくりを強化し、地域の食の安全・安心を守ることに取り組みます。
公約知己経済の活性化 [経済]

  〜産業の振興と中小企業支援による雇用の創出
 鶴岡の新たな地域振興戦略の拠点となる慶大先端研・山大農学部。四季折々の豊かな環境が生み出す、風・水力などのクリーンエネルギー。国際的評価を受ける出羽三山をはじめとする観光地。それらは未来への財産です。
 また、これまで地域を支えてきた中小企業を今後もさらに支援し基盤強化を図り、地域の新たな雇用を創出し地域経済の活性化に取り組みます。
公約学校と家庭・地域との連携・協働 [教育]

  〜グローバル社会に対応する人材の育成と子育て支援
 未来ある子どもたちが、郷土に誇りを持ち、地域と繋がる豊かな心と健やかな体を持つ大人へと成長していくために、学校教育プログラムの更なる充実を図り、子育て支援や仕事と家庭の両立支援を推進し、グローバル化する社会に対応できる人材の育成に地域と連携し取り組みます。
公約まごころの福祉 [福祉]

  〜共助し共創し共生する、思いやりの福祉の充実
 福祉サービスの向上には地域の皆様と行政が連携し、地域に合った仕組みを共に想像することが必要です。少子高齢化・人口減少等に対応し、未来を安心して暮らせる社会にするため、医療・介護・福祉施設等の環境整備・介護職員の処遇改善・障がいのある人もない人も共に生きることのできる思いやりの地域づくりなど、具体的な体制の構築に取り組みます。
公約暮らしを支える県土づくり [社会基盤整備]

  〜自然・文化・景観と調和し、災害に強い社会基盤の整備
 地域住民の安全・安心な暮らしを確保するために社会基盤の整備は必要不可欠です。
 未整備区間の高速交通網の整備や近年の集中豪雨などの災害による河川等の復旧、冬に強い地域づくりなど足腰の強い県土づくりの事業は、自然・歴史文化・景観を配慮し、県財政の適切な規模の範囲で取り組みます。
プロフィール | 5つの公約 | 県議会レポート | 活動報告 | 後援会の入会案内
ホーム | お問い合わせ | サイトマップ