東山魁夷
Higashiyama Kaii(1908-1999)


こんなにも美しい風景を見たであろうか。
おそらく、平凡な風景として見過ごしてきたのにちがいない。
もし、再び絵筆をとれる時が来たなら・・・私はこの感動を、いまの気持ちで描こう。







「春を呼ぶ丘」1972(昭47)
私が初めてふれた東山画伯の作品。
中学校の国語の教科書の表紙に使われていたこの作品を、
小春日和の授業中によく眺めていた。
もうすぐ訪れようとする春が色彩のささやきにのって、
見るものの体に流れ込んでくる。
立ち並ぶ木々のリズムは息吹く大地の鼓動。

たった一枚だけで、魁夷は憧れの画家となった。


 横浜で生まれ神戸で育った魁夷は、父の遊び癖に悩む母を喜ばせたいと、「大きくなったら偉い人になるんだ」と思い続けていた。自然に恵まれて育った彼は画家になりたいという願望が次第に強まり、反対する父親をしぶしぶ承知させ、現在の東京芸術大学日本画科へ入学する。実家が経済的に困窮しているときは自ら学費を稼ぎ、卒業後にはドイツへの留学を現実にした。初めは自分の蓄えで渡航、のちには交換学生の推薦を受けて、2年間の留学生活を送ったのだった。

 家族のためにも早くいい作品を描きたいと焦る魁夷だったが、友人たちが華々しく脚光を浴びる中で彼の作品はなかなか評価を得られなかった。迷いながら日々、自然を眺め、手探りの絵を描いていた彼に訪れた転機は、皮肉なことに戦争と家族の死であった。

 終戦近くに召集を受け、爆弾を抱えて敵陣へ飛び込む惨めな特訓の合間に、彼は熊本城へと走らされる。自らの死を目の前にして眺めたその時の風景に、魁夷の心には今までになかった感動が湧きあがる。「・・・どうしてこれを描かなかったのだろうか。今はもう絵を描くという望みはおろか、生きる希望も無くなったというのに・・・」汗と埃にまみれて、彼は泣きながら走り続けた。

 既に兄を結核で亡くしていたが、続いて戦中に父が、戦後ようやく再生の一歩を踏み出したところで母が、更に第1回日展での落選直後、結核で療養中だった最後の肉親である弟が、それぞれ他界してしまった。

 やっとのことで再び絵筆を手にしたとき、彼は全ての肉親を失い、絶望のどん底にいた。諦念、そして全てあるがままをうつす静かな心境・・・これが結実し初めての評価を受けたのが、2年後の「残照」であった。戦争のさなか開眼した魁夷の目は、確かに自然の息吹を捉えるようになったのである。


「沼」1993(平5)
穏やかにたたずむとろりとした水面と、
先端に瑞々しい色彩をひそめる、葉の柔らかさ。
やわらかに浮かび上がる葉と花の、
他愛のない風景の中にある普遍の安らぎ。
ぬくもりある表情は、晩年の熟成を感じさせる。


「残照」 1947(昭22)
第3回日展で特選を得た、初めての出世作。絶望を超えた、どこまでも広い受容の境地である。
大自然の圧倒的なエネルギーの流れの前に、ひとりの人間の存在は限りなく小さい。
偉大なる存在の前に、人はただ全てを受け入れるしかない。





「道」1950(昭25)
「残照」に引き続き、大きな評価を得た彼の代表作。
道は最初からそこにあるのではなく、
切り拓かれ何度も踏み慣らされて、やがてかたちを成してゆく。
人は今までもこれからも、そうやって「道」を作ってゆくのだろう。
絵の前に立つと、背中に今まで歩んできた道さえも感じられ、
目の前に潔くまっすぐに伸びる道は、
私たちに未来へ向かう希望を思い出させてくれる。

「残照」の境地を乗り越え、前に歩いていくことを思い出した、
画家自身への標石なのかも知れない。


「宵桜」1982(昭57)
満月の夜に見事に満開となった大きな桜。
そのめぐり合わせに画家は心動かされる。
「一期一会」・・・全ての事象は、
限りない偶然の上に成り立つ必然である。
蒼い微光を浴びた花はそのひとつひとつが、
画面の中で呼吸を始める。


 その後の魁夷の絵は、それまで以上に生命を感じさせるようになる。彼の「色」は反射光を捉えたものではなく、数え切れないほどの生命の存在を「影」として捉え、それを無数に重ねて生まれてくるものである。生きている木々の吐息を、風の匂いを、ひとつひとつつぶさに重ねてゆき、その画面からはさざなみのようにいのちの鼓動が伝わってくる。

 多くの画家たちは、光の反射を捉えて描く。魁夷のそれは、光を吸収したあとのものの「影」を感じ、描かれたものであろう。静謐で繊細な、四季折々の顔を持つ小さな島国であるからこそ気がつくことの出来る、自然界のささやかな生命の営み。魁夷は日本人ゆえに育むことの出来た、「影」を捉える目を持った画家だと思う。古来、日本に存在した「かさね色目」。彼の色彩にはそれに通ずる感覚がある。

 そしてそのやさしい色合いの絵からはとても想像できないほど、芯の強さを備えた人なのだ。本物の強さは、重なるとやさしさに変わる。


「緑響く」
1972(昭47)
白い馬シリーズの一つで、奏でられる階律の調和が美しい。
自然界にはリズミカルな「繰り返し」と、アクセントである「変化」がある。

 この年、彼の描いた18作すべてに白い馬が現れる。
絵の中で白馬は、全身に自然の息吹を浴び、生き生きと輝く。
彼は自分の姿を風景の中に感じ取っていた。

 日本画家としてその評価を確立した魁夷は、東宮御所や皇居宮殿、唐招提寺障壁画の大作をも依頼されるほどになる。その合間に北欧・京都・ドイツ・中国などを旅し、自然の姿に感動し、その画風に厚みを増していった。彼の絵には、かつて彼自身が人生で感じた何らかの感情を含んでいる。静かに自然を見つめたとき、そこには彼がどこかで経験した、心の風景が投影されるのである。人のあらわれない魁夷の風景を見たときに感じるほんの僅かな人為は、この感情が風景の中に隠れているからなのだ。心象の風景画・・・それが東山画伯の絵であろう。

「秋翳」1958(昭33)
やわらかな曇り空にほっくりと浮かぶ紅葉の山。
一本一本の木がそれぞれにこれでもかと、
冬を前に体を染め上げて競い合う。
上質な和菓子を思わせるその色合いには
豊かな秋の味わいがある。




「照紅葉」1968(昭43)
輝く黄金色の黄葉の、合間に覗く木々の灰紫。
反対色のコントラストと画面分割を用いた、
艶やかな秋の錦である。




「行く秋」1990(平2)
枯葉、落葉ということばには、一抹の淋しさがつきまとう。
だがここでは冬を目前に散り行く落葉樹の、
たっぷりとした深みと実りを暗示させる。
しきつめられた金のカーペットをかさかさと踏みしめるとき、
きっと私たちには足の裏に、
燦然と輝く木々の生命の昇華を感じ取るのだろう。
 「こんな日本画があったのか」と思わせる油絵のような艶のある色彩もあれば、水墨画のように色彩を控えて崇高な自然を見せる作品もある。はじめ油絵を描いていた魁夷が日本画科で学んだのは、父親が画家を目指す条件としてそれを提示したからだったという。油絵の素養、ドイツへの留学、同志の仲間のさまざまな画風・・・それらが彼の作品に影響を与えたからこそ、独自の作風が出来あがっていったのだろう。底に流れているものは変わらずとも、彼の表現は非常に多彩である。

 魁夷の画面に独特のリズムを生んでいるのは、ひとつにはドイツ留学中の音楽の素養が、背景になっているようである。音楽が音楽として成り立つには、「変化と統一性」が大事な要素となるが、魁夷の絵には、まさにその「繰り返し=統一性」と「アクセント=変化」が認められる。
 モーツァルトを愛聴していたという魁夷。「弦楽器の合奏の中を、ピアノの静かな旋律が通り過ぎる」・・・『緑響く』に寄せた彼の言葉である。



「樹根」1955(昭30)
巨大な根を四方へとはって、
木は大地からのエネルギーを吸い上げる。
地上の身体を支えるためには、
その何倍もの足が地の中を這わねばならない。




「雪降る」1961(昭36)
降りつづける雪の中に、画家は自分の姿を投影する。
中央の木のかたまりと手前の道との距離は、
殻に閉じこもった自分と外の世界との距離だろうか。
単純化されたモチーフは、心象を際立たせる。


「白い朝」1980(昭55)
小さな身体のともしびを逃がさぬよう、
しんしんとする冬の朝にじっと木の枝にとまる一羽の鳩。
ここでもささやかな命が、必死で生きようとしている。
何を思うでもなく、ただ。
 彼にとって絵を描くことは、『祈り』であるという。運命によって、 日本画家に「され」、風景画を「描かされ」ていると彼は言う。自然や人間の営みに対する敬虔な祈りが、彼に絵筆を運ばせる・・・描くことは、魁夷にとって自分のいのちの昇華でもあるのだろう。

 人生という長い長い旅路の中で、彼は出会った風景の中に自分の心を見つけ、そして祈った。その絵は決して対象を超えることなく、等身大に描かれているはずなのだが、そこにひそめられた心がどこからともなく涌き出て、私たちの心に共鳴する。


「冬華」1964(昭39)
暗い夜空に映える、地上界の珊瑚。
天空の月に優しく照らされた
幻想的なこの絵を見つめていると、
白く冷たい枝を通じ心が浄化されていく。




「山峡朝霧」1983(昭58)
立ち上る冷たい霧に
身を湿らせて立ち尽くす斜面の木々。
水墨画のように色彩を抑えて描かれた朝の風景には
敬虔な生命の唱和が聞こえてくる。


 半世紀もの間、大自然の囁きに、そして自らに与えられたいのちに、
訥々と祈り続けた日本画壇の巨匠は1999年5月、この世でいちばん長い旅路を終えた。
しかしその作品は今までも、これからも、永遠に伝えられていくことだろう。  →もう一人の東山魁夷

参考文献:東山魁夷 小画集(全6冊・新潮文庫)
東山魁夷 自然のなかの喜び(講談社カルチャーブックス)
東山魁夷 自選画文集(集英社)
東山魁夷「森への誘い」(日本経済新聞社)

これらのファイルにおいて、著作権・肖像権等の問題に触れてしまうような場合はまず、管理人まで御一報下さい。
画像は適度に画質を落として使用し、個人の趣味範囲の公開であるとの認識から、出典のみ明記させて頂いております。
営利目的ではない点ご理解頂けるとは思いますが、
もし関係者の方が問題があると判断された場合には、申し出と同時に適切な処置を行うつもりです。
皆様のご協力をよろしくお願い致します。


エッセイの卵へ